2019年10月01日

この記事は回想です。 2012年10月17日状況



タイトルに『回想』と入れていなかったので
多くの方を驚かしてしまいました
どうも 申しわけありません。


では、2012年10月17日の状況です。
血液検査2012_10_17.jpg

解説をしますと
いろいろと悪くなっております。


        10/9→10/17                 
WBC(白血球)  83→61
RBC(赤血球)  446→395
HBG(ヘモグロビン) 13.8→11.9
N/L 比 5.3→5.8 (N/L 比は、Nuet好中球)/リンパ球 基準値5以下)
CRP(C反応性蛋白) 7.53→16.6 (劇的悪化!)
血糖 123→209
ALB(アルブミン) 3.0→2.0
AST(GOT) 36→39  *肝機能
ALT(GPT) 30→66  *肝機能
ALP(アルカリホスファターゼ) 290→737  *肝機能 (劇的悪化!)
γ-GTP(ガンマGTP) 74→284  *肝機能 (劇的悪化!)
CK(臓器障害) 476→311
BUN(尿素窒素) 20.7→49.0  *腎機能 (劇的悪化!)
CRE(クレアチニン) 0.96→3.28  *腎機能 (劇的悪化!)
eGFR 64.6→16.8  *腎機能  (劇的悪化!)
BNP 21.6→66.4 *(心臓に負担がかかると主に心室から分泌されるホルモン)


特に、肝機能、腎機能が同時に悪くなって来ています。
赤血球の値もヘモグロビンの値も低くなって来ています、これは酸素が足りない状況。
肝機能、腎機能が同時に悪いため栄養状態も良くない。(ALB(アルブミン) 3.0→2.0)


そうです、これが多臓器不全です。
心臓・腎臓・肝臓悪化の多重病変。


嫁のメモによれば、

2012年10月17日(月)
入院時の心不全という状況は 少し回復しているが(酸素濃度も40%で自力での呼吸も良くなっている) が... 

1.熱が高い状態が続いている(1週間)
  (抗生剤もかなり強めのものを使っている)
  (抗生剤の種類も変えている)

2.腎臓の働きが悪くなっていて尿の出が悪い 
  透析で血液を浄化することも考えるが まだその段階ではない

現在は 出来るだけの事はしているので この状態を維持して回復へ向かうのを待つしかない

今のまま 寝ててもらって体を休ませるのがよい
やはり入院時の心臓の状態が かなり悪かったので体への影響が大きいのではないか
熱が出ると体の負担がかかるので熱が下がるのを待つしかない

今を乗り切れるか どうか... 正念場

とある。

わたしは、正念場だったらしい。




今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう


予後を良くするには ストレスを回避して
楽しくて快適な生活を確保することでしょう。


TOPページに戻る










↓↓↓↓↓  コメント欄には URL メールアドレスは 不要のはずです。
(ほんとかぁ-!!)
posted by なき at 20:43| Comment(6) | 経過報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする