2019年03月27日

薬の処方履歴

にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ ←押してくれたりすると画面の向こう側でガッツポーズをしてます






カルベジロール(アーチスト)の処方は、当初 2.5mgでの開始であったが、
BNPの上昇傾向が治まらないため、一旦 1.25mgへ減薬。

しかしながら、ピモベンダン(アカルディ)の処方で驚くほど肺の水が抜け、回復に向かう。
現在のカルベジロール(アーチスト)の処方は 15.0mgであり、1.25mg時の処方の12倍の処方量ではある。EFも徐々にではあるが、回復傾向にある。

<薬の処方履歴>
2012年11月04日頃  カルベジロール(アーチスト)を 2.5mg開始
2013年01月17日   利尿薬を追加処方、プロセミド(ラシックス)20mg・サムスカ 15mg
2013年03月21日頃  BNPの上昇傾向が治まらないため、アーチストを 1.25mgへ減薬
2013年04月22日   プロセミド(ラシックス)を40mgへ増量、それでもBNP上昇
2013年06月12日   アカルディ(ピモベンダン)を 2.5mg、ハーフジコキシンを 0.125mg 追加処方 この日より、肺の水がどんどん抜けていき、BNPも大幅低下
2013年09月19日   プロセミド(ラシックス)を20mgへ減薬
2013年10月17日   アカルディ(ピモベンダン)を 1.25mgへ減薬
2013年11月14日   ハーフジコキシンを 中止
2014年04月16日   サムスカを中止
2014年07月30日   プロセミド(ラシックス)を中止、これで利尿薬投与がなくなる
2015年03月27日   カルベジロール(アーチスト)を 再度 2.5mgへ増量
2016年08月03日   カルベジロール(アーチスト)を 3.75mgへ増量
2017年01月26日   カルベジロール(アーチスト)を 5mgへ増量
2018年08月06日   心室頻拍発生 アミダオロンの 200mg投与開始(入院中)
2018年08月24日   カルベジロール(アーチスト) 10mgへ増量
2018年09月03日   アカルディ中止(入院中)
2018年09月03日   セララ開始(入院中)
2018年11月27日   カルベジロール(アーチスト) 12.5mgへ増量
2019年02月12日   カルベジロール(アーチスト) 15.0mgへ増量


αβ遮断薬であるカルベジロール(アーチスト)を 1.25mg、利尿薬であるプロセミド(ラシックス)40mg・サムスカ 15mgを処方されていた時でさえ、BNP上昇は治まらなかった私であるが、現在、カルベジロール(アーチスト)を 15.0mgへ増量されても、以外と元気である。

自分の感想で言えば、アカルディ(ピモベンダン)を 2.5mg、ハーフジコキシンを 0.125mg処方されたことで大幅に肺の水が抜けて、現在の自立できる体までに回復できたのだと思う。

但し、医者からは現在のカルベジロール(アーチスト) 15.0mg処方が限界だと言われている。特に足の冷えが酷い。


ということで
今日はここまで
それではみなさん ごきげんよう
予後を良くするには ストレスを回避して
楽しくて快適な生活を確保することでしょう。


TOPページに戻る





↓↓↓↓↓  コメント欄には URL メールアドレスは 不要のはずです。
(ほんとかぁ-!!)
posted by なき at 21:29| 心不全の薬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする