2050年01月01日

拡張型心筋症との闘い

にほんブログ村 病気ブログへ 本当は、ここだけクリックすればいいのよ





私は、2012年10月5日に地元の総合病院に緊急入院して、「拡張型心筋症」と診断されました。現在は社会復帰をし元の職場に戻れました。BNP1994,EF16,血糖値1748,eGFR3.9などの血液検査での異常値を示しましたが、ピモベンダン(アカルディ)と運動療法に出会い大きく症状が改善しました。
重篤な心不全・多臓器不全だったとしても、諦めないことが大切です。

拡張型心筋症を発症して今年で7年目となります。
一時は多臓器不全やBNPの高まりや心室頻拍なども経験し、数々の苦難を乗り越えてきました。現在は、アーチスト(カルベジロール)を増量して、EF(左室駆出率)の向上を目指しています。

尚、このブログは、カテゴリごとになっています。
知りたい・見たい内容はカテゴリを選択して確認をしてください。


最新記事は右側の『最新の記事』にあります。
最新記事の上から2番目が最新の記事です

それと、このページをはじめてご覧になる方は、下の
1. BNP推移 と 薬の変遷

2. EF(左室駆出率)値の推移
は必ず見てください 私のブログはそこから始まりました。


拡張型心筋症・重症心不全の進行を押さえるのは、まずは呼吸苦を押さえる事だと思います。私の呼吸苦は、ピモベンダン(アカルディ)という薬で治まりました。呼吸苦を押さえられるようになりますと、寝たきりから立って歩けるようになり普通の生活に戻れます。但し、キツい、激しい運動は絶対に出来ませんので、体重・血圧・不整脈などに注意をしながら日々生活をしてください。

それと、苦しい・辛い、生きていてつまらないという気持ちを捨ててください、つまり、ストレスの除去に努めることです。 特に、不整脈持ちの方は心配しすぎないこと、また活動のしすぎには、注意をすることが肝心です。(特に心機能・EF(左室駆出率)が落ちている方)

毎日外に出て散歩ほどでいいので継続して運動をしましょう。
(但し、医者から運動制限の出ている方は絶対にやってはいけません)
予後を良くするには ストレスを回避して、楽しくて快適な生活を確保することでしょう。

そういう環境が作れませんと、拡張型心筋症・重症心不全の進行は防げません。 マイナスな感情(ネガティブ感情)を持っていては、拡張型心筋症の治療はうまくいかないと思います。

治療がうまく行かないときは、あなたの主治医に大阪大学・東京大学・国循などの心臓手術に熟練した病院に紹介状を書いてもらい心臓移植の準備をすることがよいでしょう。
最近は、心筋シートやIPS細胞の話はありますが、あまり一般的な治療法になってはいません、それは残念なことです。
では、あなた様のにぎやかな未来を信じて今日もブログを更新しましょう。


時間がないときでも、ちょっとお気に入りに登録してしていただければ幸いに存じます。
1. BNP推移 と 薬の変遷
2. EF(左室駆出率)値の推移
3. 薬の処方履歴
4. 不整脈とその種類と心電図
5. 拡張型心筋症は、早期発見・早期治療が第一です。
6. 拡張型心筋症の患者自身が書いたイラスト



ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

TOPページに戻る





* トップページのコメント欄は非表示なのよ、めんどくさいから。(おい!)
posted by なき at 12:00| 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする