2019年07月26日

ちゃんと寝れると、BNPは低下し心臓機能は修復してくる。




こんばんわ じゅんとねねです。(今日は二人かぁー!!)
じゅんとねねね、いつも思うんです。
右上のにほんブログのバナーを、どれかひとつでもクリックしてくださると、もっと元気になれるかなぁと思って。



さて、本題です。
今日は、『ちゃんと寝れると、BNPは低下し心臓機能は修復してくる。』です。


これは僕の経験に基づきます。
BNPが高いとき、心不全が酷いとき、寝たきりだったとき、息が苦しくて死にそうだったときは、あまりというかまったく眠れませんでした。 結局寝てしまうのは、眠れなくて起きていて、そのために体力的限界に近づいた朝の6時頃でした。それで、朝の10時~11時くらいまで寝ていて、また起きるとが息が苦しくて死にそうだったので、寝れませんでした。 僕の経験からすれば、眠り薬でも注射してもらい無理にでも寝かしつけて欲しいものでした。


それで、ピモベンダン(アカルディ)を飲むようになってから、今までまったく効かなかった利尿薬が効きだし、小水がたくさん出て肺にしみこんでいた水分もなくなっていき、そのために息苦しさも消え、従いまして、息苦しさが消えたので良く寝れるようになりまして、これでようやく『心臓を休ませる環境』が出来たのでした。


順番で言えば、
1) 息苦しさが消える
2) 良く寝れるようになるです

良く寝れるようになってから息苦しさが消えた人はいないと思います。



息苦しさが消えてこそ、

良く寝れるようになる!



ということで、まずは息苦しさから脱却しなければならない。
息苦しさから脱却出来れば、ぐっすりと眠れるようになる。


現在の僕は、ぐっすりと眠れる時間が増えました。
201907242111.jpg

浅い眠り 1時間50分
深い眠り 5時間10分


深い眠りのときは、脳も休んでいますので、血流も心臓中心に巡ります。血液の中には酸素も、各種タンパク質、ブドウ糖、脂質、金属イオン、電解質、ホルモン、ビタミンも含まれているために、心機能の回復が図れるもの(体を作る)が深い眠りのときこそ心臓に優先的にまわってきます。 起きているときは、血液を全身に送らないといけませんので、起きているだけでも心臓に負担になります。



息苦しさは、病院に行って治してもらってください。
僕の息苦しさは、ピモベンダン(アカルディ)で離脱出来ました。
息苦しさが消えてからは、良く寝て、良く食べて、良く運動をしてください。
、あとは、あなたの日々の過ごし方にかかってくると思います。


ということで寝る時間になりました
それではみなさん
ごきげんよう。

予後を良くするには ストレスを回避して
楽しくて快適な生活を確保することでしょう。

 
TOPページに戻る










↓↓↓↓↓  コメント欄には URL メールアドレスは 不要のはずです。
posted by なき at 22:01| Comment(4) | 慢性心不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
拡張型心筋症の4歳の子供の親のそらと申します。
生後6ヶ月から拡張型心筋症となり、何度となく、時には泣きながらブログを拝見して参りました。
大変勉強になり、ありがたかったです。
何度励ましていただいたか分かりません。

子供もなんとか内服で回復し、幼稚園に通えるまでとなりました。

睡眠、本当に大事ですよね。抹消を冷やさないことと睡眠、少しずつの運動に神経を削ってきました。

どうぞお身体大事になさってください。これからも応援しています。
Posted by そら at 2019年08月16日 01:22
>そらさん
>
はじめまして。おかあさんも大変ですよね、内服で回復中とのこと、そうですね、睡眠は体の疲れをとるためだけではなく、細胞の再生もしていますから、ちゃんと睡眠をとらないと治るものもなかなか治らなくなります。運動は、削りましたか? そこは調整が難しいですよね。僕はじじぃになったので運動を減らしました。子供は一時的にも運動を減らしても、まあむちゃくちゃ動かない程度なら、適度に運動させてあげてください。ただこの適度が人によって違うから、なかなか難しいのですが。 そうそう、ここはメルアドなしでOK牧場です。
Posted by なき at 2019年08月16日 04:42
なき様

運動に関してですが、発症時にまだハイハイもできないくらいでしたので、最初の一年ほどは本人が動きたいだけにしておりました。感染が怖く、あまり外出もしませんでしたが、1歳半(発症一年後)くらいから公園で遊ぶのを30分ずつ増やしていき、今では一日中遊びまわっても大丈夫な体力になり、母は嬉しい悲鳴とともに毎日疲労困憊です。

小児は運動制限をしないのが通常だそうで、疲れたらあまり動かないと主治医が言っていました。
大人の場合は難しいですね。負担にならないくらいの運動は血流のためにもなりますものね。


メアドの件、教えてくださってありがとうございます!
Posted by そら at 2019年08月21日 00:20
>そらさん
>
大汗をかかない、はぁはぁぜいぜいしない、その前の段階で運動をセーブする、これ子供には難しいですよね、重い物をもったり踏ん張ると僕の場合、大汗が出るのですぐにわかります。まぁ、気をつけて運動をするしかない、あとアドバイスですが、学校行事のマラソン大会では、最初の200mくらいの参加でよいと思います。(爆!)
Posted by なき at 2019年08月21日 05:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください