2020年01月17日

ネタがなさすぎて古墳

幸せを数えたら 片手にさえ余る
不幸せ 数えたら 両手でも足りない

みなさんこんばんわ
ビリーバンバンひろふみです
にほんブログ村 病気ブログへ クリックがあると嬉しいのよ




さて
いきなりでございますが
昔行った古墳の話をします

僕の行く古墳は
家から近くお金があまりかからないという条件が必須です

それは、武蔵府中熊野神社古墳といいます
PA0_0087.JPG

空は青く
とても清々しい頃でした
PA0_0085.JPG

古墳の形態は
上円下方墳といい
日本でも5例しかないという貴重な古墳です。
PA0_0084.JPG

名前の由来は、
たぶん、「武蔵府中熊野神社」内にあるからだと思います。
(そのまんまじゃねーか!)
PA0_0072.JPG

PA0_0073.JPG

PA0_0074.JPG

青空に古墳
心が洗われるようでございます。
PA0_0071.JPG

もちろん
古墳の中にもぐりました
その日は、お客が若い女性と僕との二人きりでした
160626_1146~01.jpg

ふたりで古墳の中にもぐりました
中は暗いです
まったく 唇などを奪われても
逃げようのない場所です
PA0_0066.JPG

「あぁぁ なにをするの?」
真っ暗なところで僕は襲われました
「いいじゃねーか、減るものもんでもねぇーし」
若い女性はいいました
PA0_0065.JPG

そして僕は、懐中電灯を照らしながら
逃げ道を探していました
「ぶちゅーぶちゅー ぶちゅー」
若い女性はまた僕の唇を奪いました
PA0_0064.JPG

しかしながら
こういう展開ばかりを書いていますと
妄想癖が悪化した変態男と思われるので
もうやめます
PA0_0061.JPG

そして
僕はその危機をなんとかのりきり
外へ出ました
PA0_0057.JPG PA0_0056.JPG

「あぁぁ なんとか外に出られた」
僕は安堵しました
そして空は青く
僕の心のように清らかで綺麗でした
PA0_0125.JPG

ということで この古墳は、
7世紀半ばから7世紀後半の頃に築造されたものだと考えられます
西暦に治すと、650年~680年頃と思われます。
古墳時代最終期にいたる前のものと思われます。
PA0_0036.JPG

その頃の日本はといいますと
百済滅亡 白村江の戦い 高句麗滅亡 新羅朝鮮統一 壬申の乱などの
激動の東アジア情勢でした
PA0_0033.JPG

そいう時代にあって
関東ではわりと平和であったと思われます

ということで 
今日はここまで。
それでは みなさん ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る




posted by なき at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください