2020年01月20日

「麒麟がくる」はよかった

にほんブログ村 病気ブログへ  いつもありがとう






まず、去年の大河は散々でした。
歴史上、知らない人ばかり (だったと思います、誰も話題にしないので)

やはり、NHK大河は、日本の歴史の転換点を
大きく動かした人がよいと思います。

ただ、来年は、また明治時代の知らない人でなので
がっかりです。


今年の明智光秀に期待をしてます。


そうそう、今回大騒動になった帰蝶(濃姫)の役は、
沢口エリカから 川口春奈になって
とっても良かったと、関係者の皆さんが言っていました。



これからの「麒麟がくる」に期待してます。






では!







2998568114_e11a6c1903_b.jpg

敵は本能寺にあり!



あれ、すべりましたか
まぁいいや
明日から頑張ります。


ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 19:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
「いだてん」は・・・最初から最後までちょっとわからなかったですね。

最終回の、金栗四三のラストランの「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」という伏線をしっかり回収してくれたのは良かったです♡

あれがなければ、NHKに抗議してました(笑)

今年の「麒麟が来る」はなかなかに躍動感があって面白そうです。
ただ、画面が色鮮やかなのに驚きましたけどね~。
長谷川博己さんは素敵な役者さんなので、頑張って欲しいです( *´艸`)
Posted by ゆり at 2020年01月22日 00:05
>ゆりさん
いだてん、ほんとまったく見ていなかったので、なんとも感想のしようがありません。
「麒麟が来る」は、色が派手というか多彩なので、お年寄りは、びっくりしたでしょうが、僕は、中国の宮廷ドラマを見てきたので、色が派手で多彩なのは慣れています。
Posted by なき at 2020年01月22日 17:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください