2020年02月09日

心不全ステージ分類と NYHA 心機能分類の話。

にほんブログ村 病気ブログへ  あなたのクリックで支えられています。




心不全ステージ分類と NYHA 心機能分類は、知っとらんといけんで
心不全ステージは、A~Dや
NYHA 心機能分類は、Ⅰ~Ⅳや
001.jpg


心不全ステージは、心不全ステージと治療抵抗性心不全ステージがあるんや
NYHA 心機能分類で言えば、Ⅲ、Ⅳや

心不全でも、利尿薬とカルベジロール(アーチスト)服用、水分制限くらいで治ってすぐに退院できる人がいる.そういう人は、NYHA 心機能分類で言えば、Ⅰ、Ⅱや

治療抵抗性心不全ステージともなると、利尿薬とカルベジロール(アーチスト)服用、水分制限、塩分制限くらいでは治らん.

その中でも、Ⅳ・心疾患のためいかなる身体活動も制限される.心不全症状や狭心痛が安静時にも存在する.わずかな労作でこれらの症状は増悪する.こういうのは、もっともあかん. 

こういうのは、僕が経験していたな. 約9ヶ月くらいかな、自宅と病院の入退院を4回くらい繰り返した. まぁ、そのときは正直言って諦めていたけど、奇跡的にピモベンダン(アカルディ)で回復したな.

ようは、治療抵抗性心不全ステージともなると、ヘボ病院・ヘボ医では治らん、入退院を繰り返して不幸にも命を落としてしまうだけや. 僕からアドバイスをするとなると、たくさんの症例を見て、自分の生きる道を見つけるのが、拡張型心筋症やな. やばかったら病院を替えるのもひとつの手や.



では、ボケておしまいにしよう.



624366802263fb486e76968249782b00_s.jpg

女子トイレに盗撮カメラをしかけておいた

のだが、取りつけ位置に失敗した!


ということで
今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 21:30| Comment(2) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ゆりは今のところ「B」かな・・・。
次の検診の時にはわからないですが・・・。
Posted by ゆり at 2020年02月10日 23:56
>ゆりさん
「B」ですか? 
僕はゆりさんは、NYHA心機能分類のⅡ度だと思いますよ。脅すわけではないですが、心疾患は必ずあるはずです。

NYHA心機能分類のⅡ度
心疾患があり、身体活動が軽度に制約されるもの;
安静時または軽労作時には障害がないが、日常労作のうち、比較的強い労作(例えば、階段上昇、坂道歩行など)によって、上記の愁訴が発言するもの。

ストレスを減らしてあげたいのですが、僕にはお金がないので手をだせません。(笑)ゆりさんのストレスは、一億円でも手に入りますと減ると思います。(つーかそんなの、日本人全員か!?)
Posted by なき at 2020年02月11日 13:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください