2020年02月17日

病気ブログのみなさんへ「自分の死に方を知りましょう」

にほんブログ村 病気ブログへ  あなたに励まされて生きています





『終了します』と言いながら、ブログを続ける。
それがこのブログの最大の武器でもあり、弱点かもしれません。
みなさんこんばんわ なきです。


えーとまぁ
さて、いろんな病気ブログがありますが
特に「乳がん」のみなさんお元気ですね、うらやましくもあります。


どこかにおいしいものを食べに行ったり
夜遅くまで飲んでいたり
いろんなところへ遊びに行ったり旅行へ行ったりの画像が多く
とても、うらやましくも微笑ましい限りです。


では、僕が豪速球を投げましょう。
がんはですね、『心臓が止まる』から死ぬのです。
逆説的に言えば、心臓が止まらない限り
どこかで復活・逆転の糸は見えてくるでしょう。

クリップボード一.jpg

で、
みなさんは、「悪質液」とか「多臓器不全」とかいう言葉を知っていますか?。
この言葉は、よほどの重症のガンを経験された人ではないかぎりわからないことだと思います。


がんブログの人はだいたい劇的に痩せて亡くなっていきます。
筋力も体力も無くなり、生きる希望さえ失います。


たぶん彼らは、「頑張ろう!頑張ろう!」の意識があったから症状を悪化させたものと考えます。
頑張る=交換神経活発化=ストレス亢進、がんががんを呼びガンだらけになる。


ようは、この『頑張る』という意識があったことが致命傷になったもかもしれません。
名前は出しませんが、多くの芸能人ががんと闘い最終的には、「悪質液」とか「多臓器不全」で心臓が止まってしまったから死んだのです。


総合理論的に言えば、
多臓器不全になった時の私は、心臓も肝臓も膵臓も腎臓も一気に悪くなりましたので、意識がないままに昏睡をしていましたので、「頑張ろう!頑張ろう!」という気持ちは微塵もありませんせんでした。


では結論です。
どんな病気でも自分の死に方を知れば、死に対する漠然とした不安が和らぐのではないかと思います。例えば私ですが私の死に方は、突然死か心不全で死にます。 ただその限界を知っているのであまり不安はありません。
 
限界を知っていれば人はどうなるかというと
「頑張りません」、
「心臓も労わります」 


病気ブログのみなさんはご自身の置かれた症状のなかで、おもしろおかしく楽しく生きて死に備えることが出来ていれば、ガンだって、そんなにすぐには死なないと思うし、または回復をするかもしれません。

ということで、そのようなおもしろおかしく楽しく生きて死に備える環境が作れない人は、残念ながら、残念です。(はっきり言え!)


ということで今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 21:07| Comment(8) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
イケメンなきさん、ブログはやめないでくださいね。

ゆりはガンで死ぬのか、心不全でぽっくり逝くのか解らないですが・・・やっぱりもう少し生きていたいです。

不純な動機ですが・・・四十ン年生きてきて、まだ「最高の男」に出逢ってないからです。

身も心も溶かしてくれる、「最高」を経験していません。

そんな人に出逢える確率は低いけれど、まだ満足できません。

それができれば、ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することができるのだと思います。
Posted by ゆり at 2020年02月17日 22:50
>ゆりさん
おはようございます。
いつの日かゆりさんにも阿部寛のようなコミカルだけど信条がしっかりして体ががっちりした浮気をしない高額の安定収入のある方が現れますことを草葉の陰からお祈り申し上げます。
これは、会社と家とでの往復の日々では、なかなかイケメンに出会えるチャンスはなく、なにか出会い系やお見合い系のサークルに参加したほうが今よりはチャンスがあるように思います。
Posted by なき at 2020年02月18日 05:32
なきさん、こんにちは。
ブログ終了しますって…びっくりしたじゃないですか!
ちゃんとクリックしますから、生きている限り続けていただきたいと願います!(笑)

頑張ってはいけなかったのですね~
闘病には「負けないぞ」とか「絶対治ってやる」とかいう気力が大事って思っていました。
なるほど、主人も全然頑張りません。
俺って病気?みたいなスタンスなので呆れていましたが、それでいいんですね。
でも鈍感なので自分の限界は知りません。
今度その事をじっくり話し合ってみます。

ところで、なきさんはたんぱく制限で腎機能が悪化した話があるとご存知の様ですが、でもたんぱく制限はした方がよいとお考えなのですね。
もし差し支えなければ理由を教えて下さい。
Posted by ave at 2020年02月18日 15:32
>aveさん
>ところで、なきさんはたんぱく制限で腎機能が悪化した話があるとご存知の様ですが、でもたんぱく制限はした方がよいとお考えなのですね。もし差し支えなければ理由を教えて下さい。

悪化というほどのものではないですが、eGF-Rは、40近くまで落ちたことは確かです。 前は50に近い40台でしたが、毎月図るたびに減っていき、40スレスレまで来ました。 それで、タンパク質制限をしたところ、わずかですが回復しました。 今度時間があるときにその変化を書いてみます。

拡張型心筋症の人は自分の限界を知らないと心事故を必ず起こすであろうと思います。 僕は、(普通に生活をしていて)脈が 140を超えたら、やばいと思い歩行中でも止まります。 この 140というのは、僕の限界です。 僕の腕時計式心拍計は、高くなるとブーブーいってアラームがバイブが作動します。 それで自分の脈がわかるのです。 こういうのを持っていないと、運動しすぎてぽっくりということにもなりかねません。 まぁそれもそのうちお話します。 では!
Posted by なき at 2020年02月18日 19:36
なきさん、こんにちは。
ありがとうございました。
主人は昨年の5月にe-GFR37まで下がりました。
それ以前は45~50位だったのでびっくり。
夏の様に暑い日が続いていたので水不足ではないかと思い、言われていた水分制限を止めてみたら元の数値に戻り現在に至ります。
肉食を少なくすると、確かにe-GFRは少し上がりますね。
ただ主人は、肉が足りない!と不満です。
そもそも心筋も腎臓もたんぱく質だし、細胞は日々入れ替わる、なのにたんぱく制限して治るのか?と言います。
それで調べ始めたのですが…難しいですね。
もう少し勉強します。
Posted by ave at 2020年02月19日 16:38
>aveさん
僕はたんぱく質をとらないわけではありません。 魚以外の動物は取っていない(いや会社の宅配弁当には少し入っているか)のです。 たんぱく質は夕方に一番取ります。魚・豆腐・大豆一鉢かな。 「にくー!!」見たいなものは、あ!牛丼や牛肉どんぶりも喰っているか?。
あ! ごめんなさーい。 普通の人よりは少ないとは思います。

肉、少しくらい喰わしてもいいと思いますよ、出来ればeGFRが毎月でも調べられるといいですけどね。eGFRが減ったら少したんぱく質を控えるとか。 僕はまだ、40台(年齢だったらいいのですが)ですので、通院は2ヶ月に1回になっています。

eGFR 30台なんて怖い!。でも年取ると落ちるそうです。
Posted by なき at 2020年02月19日 18:13
ワシの死に方は、多分、一番危ないのが大動脈とか、血管関係だろうな。で、次が尿蛋白。
多分、心疾患は無いと思うけど、用心に超したこたぁないかなとも思う。
血管が破裂したら南無大師遍昭金剛になってまうから、酒は殆ど呑まなくなった。最後に呑んだのは何時だっけ?

ま、そんなのいーけど、君と同じように、ストレスを溜めないように、楽しく行きたいと思う。
楽しくいきたいのだが、今月はジャガイモ植えるの諦めざる得なさそうなので、ションボリである。
Posted by とんじ at 2020年02月19日 18:40
>とんじさん
ジャガイモ植えるの諦めざる 得えないのがわからない。
ありゃー植えてりゃなるんじゃないの?。
南無大師遍昭金剛にならないことを祈る。
楽しいこと笑ちゃえること毎日やりたまえ、神の私が許す ( ・ω・)ノ✞
Posted by なき at 2020年02月19日 19:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください