2020年03月20日

今日の報告事項

書きたいことが何もおもいつかないんだよね
執筆業でもないからね
書く義務もない
にほんブログ村 病気ブログへ  ←美人と美男子とそうでもない人はクリック。





書かなくても十分生活は出来るしね
無理をして書くと寝る時間もなくなっちゃうしね

ブログなんてものは義務だと思っちゃだめだよね
気晴らしかな? 気晴らしなんだよ

人のために書いているんじゃなくてね
自分の気晴らしのために書いてるんだよ
特に心臓病の人はそうだと思うよ

人生には気晴らしがとても大切だね
気晴らしがないと精神的にまいっちゃうし
精神的にダメージが続くと心臓にも負担がかかる
心臓にダメージが続けば、もうそれで人生終了なんだな

僕のトップページには、「なきちゃんの体調管理表」があるよね
それを見れば僕が普通に生活が出来ていることがわかるし
日々、健康に気を付けていることがわかる

クリップボード一時ァイル01.jpg

コロナにおびえていりゃ生活もままならい
身を守る方法は、まずは自己管理を徹底的にやることだね
自己管理が出来なきゃ、ブログなんてものは出来ないし
コロナにも負けやすいだろうね
あとは人生楽しくかな?


ということで
今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 21:09| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なきさん、やらかしちまいました。
本日ゴルフ中に心室頻拍の発作が起きて、ドクターヘリまで出動させてしまう失態を演じてしまいました。各方面に多大なご迷惑をお掛け致しました。
CRT-Dのお陰で命は取り止めましたが、今回の発作は身から出た錆、過信以外の何者でもない原因です。
深く反省しています。
今回で3回目の発作。何となくどんな時に起こるのか分かってきました。
今後は細心の注意を払って行きたいと思います。
当然の事ながら病室のベッドで寝かされてます。
またご報告します。
Posted by ケンセイ at 2020年03月20日 21:53
こんばんは。
なきさんのスタンスが好きです。
どうしたらそう達観して生きられるのか、コツを知りたいです。
ゆりは、いつもウジウジしてしまって、自分でストレスを生み出していると思います。
スッキリ爽快にならないのです。
他のことなんかど~でもよくて、気ままにふらふら生きる方法があればなぁ~。
Posted by ゆり at 2020年03月20日 21:57
>ケンセイさん
僕も無理のし過ぎで心室頻拍をしていますからね、状況としては分かります。CRT-Dの除細動器機能が発動したらとてもショックで痛いそうですが、それは突然死を防ぐものですから仕方がありませんね。

とにかく僕の場合は、脈ですよ脈。 やばい頻脈が起きないように常に監視しています。あせったり、コノヤローとか思ってもダメですね、脈があがります。

脈は体の活動だけではなく、交感神経の亢進(興奮)でもあがりますからね、十分注意をしてください。
Posted by なき at 2020年03月21日 04:26
>ゆりさん
これは、きつい言い方かもしれませんが、「置かれた場所が違う」からです。 例えば、大金持ちのお嬢さんは、食べるもののお洋服も男にも困りません、それなりの社会的地位のある浮気などしにくい方と結婚が出来ます。(おい!) ですが、日々の食事にも困る貧乏な家に生まれた女は苦労をします。お洋服はほぼ毎日同じ、下着の替えも少なく学校では「貧乏」と罵られいじめられ、綺麗になるためのエステや美容手術も受けられず、ストレスがたまり、炭水化物の取りすぎでストレス太りをし、かといってスポーツジムや、用具も買えない、太ってみすぼらしいので外に散歩にも行けず家に引きこもってしまう人とは、のちに大きく人生の違いがあります。これが、「置かれた場所」が違うということです。

明智光秀は言いました、「置かれた場所で生きなさい」と。
しかしながら昔のようにみんなが貧乏であるのなら、みんなでお米を貸し借りしながら、助け合って励ましあって生きてこれたのですが、現在の貧富の差が激しい社会システムを見ますと、少数の貧乏人だけが生活が苦しいということがあります。

わたしとゆりさんとの大きな違いは、「ストレス」にあります。私には、私を叱るのが嫁くらいしかいません。(笑)会社もストレスなし、私を叱る人は皆無です。でも、ゆりさんは会社も家庭もストレス地獄です。

ゆりさんがこのあと、気ままにふらふら生ていきる方法を考えるなば、「開き直って生きる」ことでしょう。これをヘレンケラーは、「置かれた場所で開き直って生きなさい」と言いました。

ということで、なーんの励ましにもならず、たいへん申しわけございません。
Posted by なき at 2020年03月21日 04:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください