2020年03月21日

らくなりイチゴも奇跡の復活

にほんブログ村 病気ブログへ  ←美人と美男子とそうでもない人はクリック。





去年の11月に
モスラの幼虫の食害にあった
らくなりイチゴのその後のお話です。
51qm8r2DtxL.jpg


2019年11月7日
らくなりイチゴがぐったりしていました。
201911070621.jpg


そこで、土を掘り返したところ
モスラの幼虫が出てきました。右側のがモスラの幼虫です。
201911090754.jpg


というこで、モスラの幼虫をひねりつぶし
一応、白い根があったので、また植えなおしました。
201911090755.jpg


植えなおした直後の写真がこちらです。
正直言って、クラウンしかありません。
クラウンってなにかは、「イチゴ クラウン」で調べてください。
201911090756.jpg


そして苦節4ヶ月
食害にあった、らくなりイチゴはまた、復活しました。
(一同ここで、「おぉぉ!」)
202003201409.JPG

さらには、脇芽から増やした株は
もう花盛り!!
202003211036.jpg


僕のらくなりイチゴからは昨年、ランナーが出ませんでした、
ですから、脇芽から増やしたのです。
ガーデニングの楽しさはこういうところにあります。


育てる楽しさです。
こちらは、ペットボトルで栽培しているものです。
葉がじゃまをしていたので、じゃまな葉は切りました。
202003211035.jpg


自分でいろんな工夫が出来る、ガーデニング。
あなたも気晴らしに、一度はやってはどうでしょうか?。


ということで
今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 20:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
なきさんの、イチゴに対する愛情と執念はすごいですね!

ところで、モスラの幼虫はどこから発生するのですか?
卵を産み付けにくるのでしょうか?
それとも腐葉土の中に紛れ込んでいるのでしょうか?

もうすぐ春です。
イチゴも実りの季節ですね♡
楽しみですね(´▽`*)
Posted by ゆり at 2020年03月22日 00:47
>ゆりさん
今回のは、たぶん、腐葉土の中に紛れ込んでいたものです。庭の土と庭で作っています腐葉土を適当に混ぜ込んだから。 たぶん、収穫については、4月以降に報告出来る物と思います。やっぱいちごは、排水性のよいものに限ります。
Posted by なき at 2020年03月22日 06:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください