2020年03月23日

重篤な高齢者を救って、なにか日本に利益になるのか?

● Referral : 個人ブログなどの他サイトからのセッション 42.86%
● Direct : ブックマークなどやアドレスバーによるセッション 21.43%
● Organic Search : YahooやGoogleなどの自然検索からのセッション 35.71%
これが、現在のこのブログの現状です。

にほんブログ村 病気ブログへ  あなたのクリックで支えられています。





さて、今回のコロナウィルス騒動ですが、重篤な高齢者を救おうという、半ばナンセンスな動きがあります。
僕自身の考えでは、重篤な高齢者を「人工心肺装置」などを使い蘇生させる動きには反対です。
生きるか死ぬかは、その重篤な高齢者の「免疫力」に委ねらます。
僕はそれで良いと思います。
高齢者が増えすぎた日本にはもう少し、「自然死」が必要に思います。
クリップボード01.jpg

今日でコロナウィルスで亡くなった人は47名という報道がありました。
もう死者が出始めて、ひと月は経つでしょう。

次に、データとしては古いのですが、
2015年の 15~34歳の自殺者の死亡者数は、4,132人でした。
ひと月に換算すると、344人です。
これまた、コロナウィルスで亡くなった人と比べると、格段に多いです。

僕は、日本政府や日本医師会の動きは現在のままで良いと思います。
「感染無症状・軽症者・疑いのあるものは自宅待機」です。
日本ではコロナウィルスの検査数が少ないとマスコミの馬鹿が騒いでいますが、「馬鹿は黙れ!」といいたいところです。

3月22日12:00現在の状況。
検査を真面目にやっている韓国では、感染者が8,897人、死者数が104人らしいです。
検査を重篤者に絞って対応している日本では、感染者が1,046人、死者数が36人でした。
これはやはり日本のやり方のほうが正しかったように思われますが、日本にはみんなで手をつなぎ会う、へんてこな宗教もなかったことも幸いしていると思います。

ただ韓国のすばらしいところは、マスクが国民ひとりひとりに行き届いているというところです。 日本はこういうところは、韓国に見習うべきだと思います。

ということで、まとめです。
 ・重篤な高齢者を無理して蘇生する必要はない。
 ・若い人たちをもっと助ける仕組みを作りたい。
 ・日本の検査のやり方は、正しい。
以上です。


今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう。予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 20:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
高齢者を救うことが、日本の未来に何の益をもたらすのでしょうか?
また中国では、コロナ陽性でも症状の出ていない若い人は感染者数に数え入れていないということです。
結局のところ、コロナの感染拡大、今の発表数より多く、無駄な延命措置をしている、ということですね。

ゆりはコロナで死ぬ前に、首を括るでしょう(笑)
コロナを待っていられません。
Posted by ゆり at 2020年03月23日 23:57
>ゆりさん
私は、自然に高齢者が亡くなって欲しいのです。延命措置はいらないということです。まだ今日のニュースは見てはいませんが、イタリア・日本・アメリカの状況は押さえたい所です。高齢者は蘇生したとしてもそんなに長く生きられないはずです。私は蘇生されもう10年近く生きていますし、会社にも行っています。社会を金銭的に支えているのです。若い人は立ち治せると、ずっと生きます。ですから、首をくくるより、コロナで亡くなったほうが良いのです。(おい!)
Posted by なき at 2020年03月24日 04:36
こんにちは。

私はまだ、ばあさんではないですが、
社会を支えていません。

コロナに罹患したら、放っておかれてもいいな。
ただ、家族に感染すると困るから、
隔離だけはしてもらわないと。
Posted by くまねこ at 2020年03月25日 15:03
>くまねこさん
そうなんすよ
そうよ そこそこ

コロナに罹患しても僕は平気だけど、家族に伝染らないように、マイアミビーチに隔離してほしい。
Posted by なき at 2020年03月25日 19:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください