2020年03月31日

実は不安で仕方がない、不安が心臓に及ぼす影響。

にほんブログ村 病気ブログへ  脈ある限り闘います 命燃え尽きるまで 

いっとき防護のために、東京都の新型コロナウィルス感染者情報を記載します。
東京都コロナウィルス感染者最新情報
なきちゃんの体調管理表




そういえば、「新型コロナウイルスが流行しております。心臓病の方は重症化が懸念されています。」という記事があった。 実はわしは、本当の本当の本当のところを言えば怖がりであり、心臓がチキンで弱虫・泣き虫であり、臆病者である。そこでだ、

<厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」>などに、随時情報がアップデートされ、相談方法、予防法なども掲載されています。情報に留意して、感染・重症化予防に努めて下さい。 

と、あったので、サイト 新型コロナウイルス感染症について に飛んだら、どえりゃー情報の渦で、どこになにがあるのかわからん状態じゃった。よって今日は収穫はゼロじゃった、本当にすまぬ申し訳ない、同情するなら金をくれ!

でだ、ただ、不安に陥っておっては段々気持ちが沈んできて、心臓がゾワゾワしたり、気持ちが悪くなるので今日はそのへんのことについて書く。「なぜに不安だと、心臓に良くないのか!?」

わしの経験上、不安になると、呼吸が浅くなる。
呼吸が浅いということは、1回の呼吸での酸素供給量は減るはずである。

こうなると、どうなるか?
交感神経が働いて、もっと心臓や呼吸を動かして酸素供給量を増やそうとするはずである。

そうなるとどうなるか?。
脈拍があがる ⇒ 心臓に負担がかかる ⇒ 心臓に負担がかかると心臓は弱る ⇒ 心臓は弱ると脳や全身への酸素(血液)供給量が減る ⇒ ふらつきやめまいがしてくる・気持ちが悪くなる・呼吸も苦しくなる・吐き気も出てくる ⇒ あぁロミオ、あなたはどうしてロミオなの ⇒ あっしにはかかわりのねぇことでごぜぇます。 ⇒ 空と君との間には今日も冷たい雨が降る、今日が笑ってくれるなら僕は水戸黄門にでもなる ⇒ 助さん、格さん、懲らしめてあげなさい ⇒ ヘイ!ガッテンだ! ⇒ これはコロナのせいか!? ⇒ 先生!まだ人工呼吸器空いていますか? ⇒ なきさん、残念!!ほんの一足遅かった、今この98歳のおじいさんに使っていることろです。 ⇒ それを外してわしにつけてくれないか? ⇒ なきさん、黙っておいてくださいよ、では今回に限りなきさんに装着します ⇒ かたじけない、一生の恩にきる。
水戸黄門.jpg

とまぁ、いろいろと騒々しいことになります。(もっと、まじめにやれ!)

ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

TOPページに戻る




posted by なき at 21:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
心臓病、呼吸器疾患のある方は危険度が高いのだそうですね。
ゆりもダメかしら・・・。
もうど~でもいいですけど(笑)

仕事も行き詰っていますし、ストレスというより、無気力になってしまって、自暴自棄です。
Posted by ゆり at 2020年03月31日 22:23
>ゆりさん
なんと励ましたらよいのかわかりません。
一番よいのは、永久就職をすることでしょう。
くまねこさんを見習って。(おい!)
Posted by なき at 2020年04月01日 04:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください