2019年04月04日

おったまげ~




もしかしたら
もうダメかもしれません



Yahooブログでも報告しましたように
右胸が 「きりり」 と痛むのです

クリップボード01.jpg




息は苦しいということはありません
あきらかに心臓ではありません
動悸とかは、まったくありません
みぞおちでもないし。。。




あえていうなら
右横隔膜の上部が痛みます


あ! これ!

近いじゃん!!

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160325-OYTET50028/




といことでね
さっそく明日病院に行ってきます



だめですね
まだ ときどき
「きりり」 と痛みます




今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう

 
TOPページに戻る
posted by なき at 22:23| 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

昨日は、チューリップ畑に行ってきました


桜が満開ですよね
どこに行っても 桜が見事です

201904010722.jpg 201904020724.jpg

201904020725.jpg


それでね
私の地方には
チューリップもあるわけです

201904061102.jpg 201904061108.jpg

201904061105.jpg


残念です
画像が荒いですね
もう少し鮮明に撮れないのかな


ということで 毎日が充実しています


予後を良くするには ストレスを回避して
楽しくて快適な生活を確保することでしょう。





ということで
今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう

                TOPページに戻る
posted by なき at 19:44| 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

ちゃんと計算をしたら、闘病生活が6年と半年だった


たまには、発症してから何年経つのか確認してみるのもおもしろい。

発症  2012年10月
     2013年 6月 BNP 1994 まで上昇するも、ピモベンダン(アカルディ)で急回復。
1年目 2013年10月 BNP 23.3 症状回復、前月には頚椎椎間板手術も終える。
2年目 2014年10月 BNP 23.3 すごい、前年度から悪化していない。
3年目 2015年10月 血液検査をしていない。それほど状態はよい。
4年目 2016年10月 BNP 16.3 この年も状態はよかった。
5年目 2017年10月 血液検査をしていない。翌月11月は、BNPが 16.3 
6年目 2018年10月 BNP 63.2 この年の8月に心室頻拍発生。一時はBNPが282.7まで上昇。
7年目 2019年 4月 発症6年と半年、足の冷えは気になるが、まぁなんとか過ごしている。



BNP推移はこちら(BNPの詳細がわかる)  BNP推移と薬の変遷

EF推移はこちら  EF(左室駆出率)値の推移





私の場合、心室頻拍を招いたのは、BNPが、2018年5月 113.6 2018年7月 118.4 と悪化していたにも関わらず、EFは低いくせに(5月測定時はEFが 20.1だった) 自分はまだ死なないだろうという自信過剰があったせいで、8月の暑さの中動き回りすぎたののが原因であった。



ピモベンダン(アカルディ)は、生活の質の向上はするが、EF(左室駆出率)はあがらない。

EFが低いくせに 呼吸苦のない過信が、突然死を招くのだろうと思う。 このことは一般的に、ピモベンダン(アカルディ)を長期使用していると突然死を招くという理論に結びつくのである。




ということで
今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう


 
TOPページに戻る

posted by なき at 21:51| 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする