2019年04月02日

私は多臓器不全で、心臓,肝臓,すい臓,腎臓の値が異常値でした

まず、心臓がもう停止寸前の頃のBNPの値は 21.6でした。
主治医の説明では、もうBNP(心臓を保護するために出るホルモン)さえ、出なくなった
停止寸前の心臓だったと言われています。

2012年10月9日 BNP 21.6
BNP当初.jpg


その後、肝臓の値も悪くなりました。
.肝機能検査の検査では、下記のようなものが知られています。

・肝細胞の障害の程度をみる項目: AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP
・肝細胞のはたらきをみる項目: 総たんぱく(TP)アルブミン、アルブミン/グロブリン比(A/G比)中性脂肪(TG)
総コレステロール(TC)、コリンエステラーゼ(ChE)、乳酸脱水素酵素(LDH)
・肝細胞、または胆汁の流れに障害がないかをみる項目: 総ビリルビンアルカリフォスファターゼ(ALP)


2012年10月17日 血液検査結果
血液検査2012_10_17.jpg


結構ふざけた血液検査結果を持っています。
これを披露できるのは、たまたま僕が運良く、生きているからです。


それではみなさん
ごきげんよう

 TOPページに戻る
posted by なき at 21:32| 血液検査結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

多臓器不全、肝臓に続き、すい臓も悪くなりました。



ここは今、私の過去の異常値を示していた頃の血液検査結果を表示しています。
これは、2012年10月22日の血液検査結果です。
血液検査2012_10_21.jpg

血糖値が、1748mg/dl出ています。
血糖値の基準値は、60-110mg/dl となっていますから
もうなんていいますか、「こんな血糖値見たことがない!」
というレベルまで達しています。


血糖値を押さえるものは、すい臓から分泌される
インスリンと言われています。



ということで、すい臓もおかしくなったということです。




ただ肝臓の値は、2012年10月17日よりも状態が良くなってきています。

 項目         2012年       2012年
            10月17日     10月22日
ALB           2.0          2.8
AST(GOT) ⇒      39           36
ALT(GPT) ⇒      66           35
γ-GTP    ⇒     286          106



今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう



TOPページに戻る
posted by なき at 21:27| 血液検査結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

2019年4月5日 血液検査結果


さて、昨日はいつもの通院日でした

それで前は不整脈もありましたので国立病院に行っていましたが

本日から地元の公立病院に戻れました



どうして戻れたかというと

国立病院の先生が千葉県のほうの国立病院へ転勤になったからです

もちろん、不整脈もある程度薬によって抑えられているのもあります



私も電車・タクシーを乗り継いでわざわざ診察に行く国立病院よりも

地元の病院へ てくてく歩いていけるほうが

交通費もかからないし 時間もかからないので それのほうが良いとしました



一応、紹介状は、国立病院の先生からは
KIMG0127.jpg

公立病院の先生へ 紹介状を書いてもらっていきました
KIMG0184.jpg



ですが、事前にその話が決まっている時点で

公立病院の先生へは事前にSNSメールを入れておきました

ですから今日は、公立病院の先生が事前に


・血液検査
・心電図
・レントゲン
・EF(心エコー)


を事前に入れてくださったので、全ての検査がスムーズに行きました


医師との連携は信頼関係にあります (おい!喧嘩していたくせ!)





では 血液検査結果です
血液検査2019_04_05.jpg

BNPは、37.5
でした

これは先月が、37.3 でしたので、ほぼ横ばい 悪化無し 現状を維持せよ ということです

eGFR は、43.49から、46.45へ ほんのちょっと良くなりました




うれしいです!

クリップボード01.jpg

これは日々の食事でカリウムと肉類をちょっとだけ少なくした結果だと思います



今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう

                TOPページに戻る
posted by なき at 21:08| 血液検査結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする