2020年05月22日

人のふんどしで相撲を取る

いつも応援をありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログへ  愛ある限り戦います。命燃え尽きるまで。




なきちゃんの体調管理表


「しめしめ、昨日よりもランキングがあがっておるではないか」
なきは、昨日のブログ記事で「加藤はいね」のキーワードを盛り込み
卑怯にも人のふんどしで相撲を取った。


ところで、今思ったのだが
「人のふんどしで相撲を取る」ということは
ちょっと公衆衛生上よくないのではないか!


他人のふんどしである。
日々、洗濯したてのものを締めていれば、まぁ病気にはならないと思うが
これが、普段から洗濯などをしない、
まったくの野生児のような不潔なやつのふんどしでは大いに問題がある。


どちらかというと、人のふんどしであるからして
盗んだものに違いない。
自分のふんどしであれば、「自分のふんどしで相撲とる」わけだから
誰からも非難されることはない。
「人のふんどし」というぐらいだから、絶対に自分で買ったふんどしではない。
洗濯して干していたものを盗んですもうをするという犯罪である。

fundoshi.png
しかしながら、女性のパンティ泥棒はニュースになり
犯罪のあった地域の若い女性はみんなビクビクして警戒をし
パンティは干さなくなる。
干すのは、50過ぎの男なんかもうどうでもよいという
あっけらかんとしたおばちゃんだけである。


しかしながら、女性のパンティ泥棒はニュースになるが
おっさんのふんどし泥棒は全然ニュースにならない。
これの理由がわからない。


通常のパンティ泥棒は盗んだ戦利品を家に持ち帰り
色形を凝視し科学的に分析をしたあと
おもむろになめ、匂いをかぎ(嗅いだところで洗剤の匂いなのだが)
最後に頭からそれを被り、はいていた若い女性のことを想像しながら
妄想にふける。



それらすべての行為が終わったあと、戦利品収集用引き出しにしまうのである。


ところで、ふんどしであるが、そういう話はまったく聞かない。
もしかしたらあるのかもしれないが、マスコミとしては
他人の興味を引かない儲からない話なのでニュースにしない。


また、ふんどしには、レースや花柄の模様やデザインはなく
まったく華やかさにかける。
このために「ふんどし泥棒」のニュースは
Yahooニュースに出ないのである。


ということで、パンティ泥棒のところの描写が
とても生き生きしていてリアルであったとしてもわしを疑わないでもらいたい。
わたしは既に履いている。(ケンシロウか!)


と いうことで
今日はここまで、それではみなさん、ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックし忘れた方はどれかひとつでも。
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

Googleのキーワード検索で引っかからないのであれば、お笑い

いつも応援をありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログへ  愛ある限り戦います。命燃え尽きるまで。




なきちゃんの体調管理表

Googleの検索ランキングをあげるには、「サイトの内容の質の充実」とは言われてはいるが、実際の闘病、病気記事では病院関係の記事が上位を占める。 このような理不尽な検索方法では、僕の見たこともない治療法や薬剤で病気が回復した人の記事などを見つけることが出来ない。

まだ見ぬ、知られていないものすごい治療・薬剤記事があるかも知れないが、そういうものを探している人の目には入らない。

『拡張型心筋病は、心臓の筋肉が薄くなり拡張して収縮力が低下する病気です。』っていうのは、拡張型心筋症患者であれば誰でも知っていることだ。知らない人はモグリだ、あるいは痴呆で忘れてしまったかそんなものだ。 そんな、くだらない記事は、ランキングのせいぜい5位以内にあればいい。 わかるかな?。 病院の記事はあたりまえすぎてくだらないのだ。

ということで、今日の記事の「Googleのキーワード検索で引っかからないのであれば」は、もう病気闘病関係の記事は少なくして「お笑い」関係の記事を中心に、読者が本当に欲しいと思っている記事を書いて行きたいと思っている。

例えばだ、『加藤はいねのその後』シリーズを連載してみるのもおもしろい。 加藤はいねのブログの復活を誰もが願っているはずだ。 僕のブログはその加藤はいねのブログの復活の中継ぎとなりたい。 加藤はいねは、一般人かもしれないが我々ブロガーから見れば、『神』である。 アナウンサーの「カトパン」の上を行っているのである。 よって、『神』を題材として記事を書いてもよい、いや書くべきだ。

aa0f0fe8b1f0e7f732b4c63e55b181c0_s.jpg

では、今日の結論です。
なんだか知らないけど、「お笑い」は人を元気にしてくれます。
ストレスが発散されます。
そうなると、体が回復してくるのです。
では、明日から頑張りますので、誰か看護師さんネタください。(おい!)


と いうことで
今日はここまで、それではみなさん、ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックし忘れた方はどれかひとつでも。
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

原因不明の強い倦怠感・疲労感が続いているあなたへ。

いつも応援をありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログへ  愛ある限り戦います。命燃え尽きるまで。




なきちゃんの体調管理表

さて、私の会社で1か月以上、出社出来ない方がいます。
症状を聞きますと

・倦怠感・疲労感がすごい。
・あとは他に症状がない。
 (熱は無い)
 (咳やくしゃみ、咽の痛みもない)
 (レントゲンでは、肺炎の影は無い)
 (CRP(炎症反応)は正常)
 (内臓関係の血液検査結果も正常)
だというのです。

ですから、自分ではコロナウィルスに罹ったのではないかと心配をし、医療機関にPCR検査をお願いしましたが、全然受け付けてもらえず、現在では風邪薬のようなものをもらって様子を見ているとのことでした。

それで、倦怠感・疲労感以外ではなにも症状がないという条件ででネット検索をしましたら、慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)にたどり着きました。 今日はその話をします。


強い倦怠感があり、日常生活に支障が出ている
眠れない、ぐっすり寝た気がしない
(運動や家事を含む)活動後は、強い疲労感や倦怠感を感じる
立っている(座っている)と物事を考えたり、判断するのが難しいと感じる
最近、物事を考えたり判断するのが難しくなった

症状
・微熱、頭痛などの風邪に似た症状
・身体に力が入らない
・睡眠障害
・集中力の低下
などが起こり、うつ病と間違えられたりすることもあります。

014.jpg

原因
慢性疲労症候群はまだ原因は解明されていませんが、感染症やストレスなどによるものではないかと考えられています。
<疑われる原因1-感染症>
日本では、慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の発症根拠が見つかっていません。 ただ日本の患者の約3割がインフルエンザやヘルペスウィルスなどの感染をきっかけに発症しています。

<疑われる原因2-生活環境ストレス>
・肉体的ストレス(過重労働など)
・精神的ストレス(人間関係など)
・環境ストレス(化学物質・騒音など)
このような生活環境ストレスが続くと体の免疫力が低下します。免疫は、異物を認識し排除するための役割を持ちますが、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことがあります。これが脳に悪影響を与えたり、神経・内分泌・免疫の働きのバランスを崩したりします。その結果として脳の機能に異変が起こり、激しい疲労感や様々な症状が起こります。

<診断>
疲労の背景には糖尿病や高血圧などの病気の悪化も疑われるのでまず内科を受診します。 内科で異常がなかったときは心療内科や精神科を受診し、うつ病や不安障害などがないかを確認します。 心身の病気がないのに強い疲労感が続くときは、慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の疑いがあります。

<予防>
慢性疲労症候群を防ぐためには規則」: しい生活と十分な睡をとることが大切です。仕事や. 家事がしくしても意識して睡眠をとり、体調を整えてストレスを貯めないようにすることが予防につながります。 この病気は診断がつかないために周囲の人から「怠けているのではないか」と疑われ孤立してしまい、症状が悪化する人も少なくありません。それだけに家族や周囲の人の理解が大切です。

以上、半年以上も原因不明の強い疲労感がある場合は、総合診療科や慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の専門外来を受診してください。


と いうことで
今日はここまで、それではみなさん、ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックし忘れた方はどれかひとつでも。
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする