2019年11月13日

うつで糖尿病の人は、治るのか!?

にほんブログ村 病気ブログへ 本当は、ここだけクリックすればいいのよ





こんばんわ
酒井和歌子です。
え! 酒井法子じゃないのよ
さかいわかこ

え! 知らない?
遅れてるぅ~ (知っている自分が悲しいです- ( ;∀;))


さて、いきなりですが、私はその昔、血糖値が、1748ありました。

000血糖高い001.jpg


ほんでもって、今は普通で基準内の88です。

血液検査2019_10_04.jpg


ここまで読んで理解した方はすごいです。
要は、私は多臓器不全で、脾臓がぶっこわれてインスリンが出なくなって血糖値があがっただけで、今では、回復して、糖尿病ではないですよということを説明するために書きました。


なぜに書いたか!?


それは、ブログのお友達で、うつで糖尿病の人がいたからです。


たぶん、その人は、うつから糖尿病になったのではないかと推定されます。
なぜなら、普通に学校を出て、普通に会社に入ってOLをしていたからです。
彼女は、そのOL時代に、なんだか心が病んだように書いてありました。


ですが、その人は、めでたくも結婚をし、娘が高校生で、一見大変幸せそうなのですが、実は、未だにうつです。 どのような状態かというと、だるい、疲れている疲れやすい、やる気が出ない、人ごみダメ、騒々しいところイヤ、外に出たくない、いつも横になっていたい。 とまぁ、そういう人です。


一般的にそのような環境であれば、「それじゃあ、糖尿病になるよ」と思います。
なぜなら、運動をしないで食事は普通に摂れば、食事で摂った糖分は行き先がなくなるからです。 ふつうの人は、運動で糖分がエネルギーとして消化されて健康なわけですが、たぶん、その人の場合は、糖分は行き先がないので高血糖になっていると思います。


ただ、その人は、それがわかっているのに運動をしない。
それは、その人がうつだからです。
その人自身も充分にわかっています。
「このままじゃあダメ」だと。
そして、それで自分を追い詰め罪悪感を感じることで、さらにうつが進みます。


せめて、その人が少しでも気晴らしに散歩に出れるようになればいいなぁと思います。
街の風景、木や草花、季節の移り変わり、頬や体に受ける感触。
それの気持ちよさに感じてもらえればなぁと思います。


なぜなら、ずっとそのままだと

寝たきり

になってしまうからです。
運動をしていないと筋力が失われ、そのうち立って歩けなくなるからです。

うつで糖尿病の人は、治るのか!?
今日は、それをテーマにしました。
この記事を読んでいる人の中で、「うつ」が治った、と言う人がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。


いい忘れました。
その方からは、「死にたい」という言葉は聞きません。
そこがまだまだ救いだと思います、人として追い詰められているわけではないのですから。



ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

良い考えなのであるが、やばい考え。

にほんブログ村 病気ブログへ 本当は、ここだけクリックすればいいのよ





みなさんこんばんわ
ちかこです。
(違うだろう_違うだろう_違うだろう)


さて、私は今日、医療費(H28年度)が、42兆円かかっていることを知りました。
42兆円と言うと、1億円が 42億まんこもあるということです。
数字で書けば、420.000億まんこ円であり、
クリップボード01sd1.jpg

ここでふと思ったのですが、

[『こ』 は不要で、420.000億万円と書けば良かったのかもしれません。
それで、ここで気を取り直していいますと


65歳以上の方の医療費(H28年)がとてもかかっているのです!。
奥さん知ってましたか!?
        (単位:億円)
総計      421 381 億円
65歳未満   169 797 億円 40%
65歳以上   251 584 億円 60%
クリップボード01sd2.jpg


人口(H28年)はですね (単位:万人)
総人口    12642万人
65歳未満    9085万人 億円 72%
65歳以上    3557万人 億円 28%
クリップボード01sd3.jpg
人口が28%の人たちが、医療費を60%使っている。


私の言っている意味がわかりますか?
老い先短い人たちに、国民医療費が、60%も使われているのです。
20歳の人は、あと45年は働けるでしょう。
ですが、65歳以上ともなれば、あまり働けない、働く仕事場がない状態になります。


それで、
ここで、ぴんぴんころり運動です。


例えば 94歳まで病院にはちょっぴりしかお世話にならず、介護もほとんどいらなくて自立していて、
95歳に突然、「ころっ」としてしまえば、医療費は抑えられます。


そして、そしてですよ奥さん!。
私には、65歳以上の方への「延命治療はいらない」と思うのです。


延命治療とは、
疾病の根治ではなく延命を目的とした治療のことである。対症療法の1つ。生命予後不良で根治が見込めない患者に対し、人工呼吸や輸血、輸液などによって延命を図ることを目的とする。医療技術の発達により、意思疎通が不可能な状態で生命だけを維持することが可能になったが、クオリティ・オブ・ライフや尊厳死の観点からそういった治療を見直す議論が起こっている(Wikiより)


ようするに、老い先短い人たちに延命のための高額な医療費をつぎ込む必要は無い。
言葉をかえるのなら、見込みのないドラ息子に無理して金をつぎ込んで、3流大学をなんとか卒業させ、だがしかし、就職できなくて、そのまま、ひきこもりになってしまうような人たちに、国民の血税を払う必要はないといったような考えです。


それで、老い先短い人たちには、どんどん死んでもらい、将来ある優秀とはいかないまでも、社会に出てしっかりと働くことの出来る人を育成できる環境つくりのほうに、国民の血税は使われるべきだと私は思っています。 しかも、先ほどいった就職できなくて、そのまま、ひきこもりになってしまうような人たちにも、もう一度人生のやり直しが出来るような環境つくりにお金を使うのです。


残念ながら、私は61歳になりました。
国家を変えたくても、金も地盤も余命もありません。
ということで、替え歌が出来ました。

もういくつ寝ると65歳。
65歳は覚悟を決めて延命なしで行きましょう。
はやく来い来い65歳。
(おい!)


ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 19:47| Comment(6) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

やる気をなくしてしまったわ

にほんブログ村 病気ブログへ 本当は、ここだけクリックすればいいのよ





こんばんわ
筧美和子(カケイミワコ)よ
ついさっき、「みわこ」って検索したら出て来たのよ


だって、もう女性芸能人の名前に尽きてしまったから
今日から、あてずっぽうで名前を検索して
出てきた名前で、「こんばんわ」ってするのよ
さすが、IT業界人ね、


兄が (兄貴かよ!)


そうそう、私
今日、とってもやる気がないのよ
だってさ、ブログのポイントが最悪なのよ!
超サイテー!! もう見てよ(ノ`-Д-)ノ !! にほんブログ村 病気ブログへ  これ



どうしてここまでポイントが落ちてしまったのか?
原因を理路整然とまとめると、ブログボタンの位置を移動しただけなのよ
それで、こんなにもブログポイントが落ちてしまうなんて、やるせないわ


今までここまで頑張ってこれたのも
ブログのポイントがあってのこと
ブログをお読みのみなさんの熱いメッセージがあったからよ


でも もう無理みたい
body_shinzou_bad.png

こうなったら

明日頑張ろう!

(ポジティブ!!)


ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 18:50| Comment(3) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする