2020年01月15日

老後は、趣味と生きがいを持つことでござる。

にほんブログ村 病気ブログへ クリックがあると嬉しいのよ




心ならずも
既に齢 61を過ぎ
なきなきお.jpg
(いったい何十年前の写真だ!)

とはいえ
歳に似合わず若々しく
定年までは、あと4年もあるのだが
実は。。。






会社を

辞めたい





どうして辞めたいのかというと
会社に行っても
たいくつでつまらないのである!(おい!)

窓際ではないが、(壁際なのだが-沢田研二か!) 
仕事にウキウキ感がない
楽しくないのである
かといって今の仕事が一番
拡張型心筋症にあっているのである

力仕事ではないのである
パソコンを普通に叩いていて時間が来たら帰る
そんな仕事なのだ

心臓病のみなさんなら知っているはずが
心臓病に、力仕事は、心臓に負担をかけるから良くない
ようするに、力仕事は、予後を早めるのだ
したがって、今の仕事が一番、心臓病にあっているのだ

かといっても
会社を辞めたい

とはいっても辞めたところで
次はない

無職の人からみたら
とても贅沢な悩みであることはわかっておる

だが、人生を思いっきり楽しみたい



ガーデニングは、とても楽しい
202001050915.jpg 202001050917.jpg

こんなにおもしろいことはない
202001050916.jpg 202001050918.jpg

イチゴは寒くなると休眠する
茶色いやつは熟睡中だ
かわいいやつだ
実のついたものもあるでよ
202001050914.jpg 202001050921.jpg

ということで
僕の老後は前途洋洋だ
やりたいことがたくさんある
(金はないけど)

老後は、趣味と生きがいを持つことである
仕事は、しかたがないので辞めないでいよう(おい!)

ということで 
今日はここまでじゃ。
それでは みなさん ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る




posted by なき at 20:47| Comment(4) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

CRT-D適応対象から抜け出した人の話。

にほんブログ村 病気ブログへ クリックがあると嬉しいのよ




これは、僕の経験と多くの拡張型心筋症患者の事例を読んで思ったことを書きます。

拡張型心筋症で、EF(左室駆出率)が35%以下で、致死的不整脈で、救急で担ぎ込まれた病院が、ICD認定施設病院であった場合、たぶん、ICDもしくは、CRT-Dを入れられると思います。ようするに送り込まれた先が、ICD認定施設病院であるのならば、自分の意思で、もしくは意識のない人には医者の判断で、ICDもしくは、CRT-Dを入れられると思います。はっきり言えば、EFが35以下で、今にも死にそうで意識のない人には、確実にICDもしくは、CRT-Dを入れられると思います。

ただ、これは、ICDもしくは、CRT-Dを否定するものではありません。
これは、しかたのないことです。

医療は人を死から救うためにあります。
医者は、そのままでは死んでしまうだろうという人を傍観は出来ません。
そのために救います。ですから、ICDもしくは、CRT-Dを入れるのです。

僕は、たまたま、通院している病院が非ICD認定施設病院だったので、ICDもしくは、CRT-Dを入れていません。 その後、ICD認定施設病院に転院してアブレーションまでやったのですが、心室頻拍の発生場所が特定できていないので、根治治療は出来ていません。 ただ、アブレーションをやったり、アミオダロンを処方され、カルベジロール(アーチスト)を増やしたら、EFがあがって来て、CRT-D適用対象から外れました。
(CRT-D適用対象: 左室駆出率(EF)が35%以下)  
詳しくは、「拡張型心筋症 EF(左室駆出率)値の推移」 をご覧ください。

京都大学の両心室ペーシング(心臓同期療法;CRT)では、適応が「心臓のポンプ機能を表す左室駆出率(EF)が35%以下(正常値は55-80%)であること。」とあります。一応、参考まで。

おっと 今日はここまでじゃ。
それでは みなさん ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る




posted by なき at 20:46| Comment(0) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

わかりやすいBNP値について

にほんブログ村 病気ブログへ クリックがあると嬉しいのよ







我輩は、拡張型心筋症である。


だがネタはもうない。



したがって、Yahooブログ時代の記事を持ってきて書いておく。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



今日はBNP について である!。← 偉そうに語る。




わしは、いつも BNPに関する いろんな記事を調べておる。
よって、BNPとEFを常に気にしておる。

もちろん、BNPは 拡張型心筋症 の重症度だけを測る数値ではない。
心不全かどうかを測る数値である。



よって、いろんなサイトを拝見して思ったのでござるが、最近は見えてきたのである。



自分と比較してかなり低いBNP値の方でも入院されておるのを知ったのである。
それと BNP と NT-proBNP とは値が異なることを知ったのである。
さらには 拡張型心筋症と肥大型心筋症では 
BNPの捉え方が違うことがわかったのである。


肥大型心筋症の人では心不全症状(息苦しさ)がないのに
BNPが高いって人がおるのである。


肥大型心筋症で移植を考えるのは、
拡張型心筋症に移行していったときだというのである。
                               


              出展 : 日本心臓財団






もし 拡張型心筋症で BNPを 2000超えて普通に通院している人がおるとしたら 
それはNT-proBNPではないかと思うのである。 


もし、拡張型心筋症で BNPを 2000超えて普通に通院しているものがおるとしたら是非コメントをするのだぞ。
待っておる。 (絶対 そんなやつはいないであろうと思う)
(常識的に考えれば、BNPで2000を超えると重点監視域で即入院である。)



 ***********ではここからであるぞよ*********





BNP   →     NT-proBNP(参考)          世の中一般の考え
20以下    →          55以下         心臓血管系に異常なし
40~99    →         125~499        高血圧など生活習慣病の疑い
100~199    →      500~999        生活習慣病もしくは心不全の疾患を含む心臓病の疑い
200~499    →    1000~3999        心不全を含む心臓病の疑い  
500~999    →    4000~7999        心不全を含む心臓病 
1000 以上     →   8000 以上        心不全を含む重篤な心臓病


わしは BNP値が最高 1993.7 になったこともあるし、 13.7 まで下がったこともあった。
興味があるものは、拡張型心筋症 BNP推移と薬の変遷を読んで見てくれたまえ。



それで、なにがいいたいかというとホントこの病気は人それぞれ・処方も人それぞれなのである。
明日を信じて己も精進すれば回復する病気でなのである。
(それでもダメな人は、補助人工心臓移植⇒心臓移植コースね)

毎日、自分の症状・容体を記録しておいてくれたまえ。
これが闘病中には絶対、必要なことなのじゃ。
だがワシは今は、脈くらいにしか気をつけておらぬのじゃ。

食事は、腎機能も落ちておるので、野菜・肉の取りすぎには気をつけておる。
(塩分にも気を付けておるがの。)



もちろん、毎日の運動は欠かさないというか、通勤で歩いておる。
日に8000~10000歩くらいである。

それと睡眠はとても 大事なのじゃ。
悩みや不安や恐怖から、少しでも距離を置くように勤めてることじゃ。


おっと 今日はここまでじゃ。
それでは みなさん ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 21:06| Comment(2) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする