2020年03月23日

重篤な高齢者を救って、なにか日本に利益になるのか?

● Referral : 個人ブログなどの他サイトからのセッション 42.86%
● Direct : ブックマークなどやアドレスバーによるセッション 21.43%
● Organic Search : YahooやGoogleなどの自然検索からのセッション 35.71%
これが、現在のこのブログの現状です。

にほんブログ村 病気ブログへ  あなたのクリックで支えられています。





さて、今回のコロナウィルス騒動ですが、重篤な高齢者を救おうという、半ばナンセンスな動きがあります。
僕自身の考えでは、重篤な高齢者を「人工心肺装置」などを使い蘇生させる動きには反対です。
生きるか死ぬかは、その重篤な高齢者の「免疫力」に委ねらます。
僕はそれで良いと思います。
高齢者が増えすぎた日本にはもう少し、「自然死」が必要に思います。
クリップボード01.jpg

今日でコロナウィルスで亡くなった人は47名という報道がありました。
もう死者が出始めて、ひと月は経つでしょう。

次に、データとしては古いのですが、
2015年の 15~34歳の自殺者の死亡者数は、4,132人でした。
ひと月に換算すると、344人です。
これまた、コロナウィルスで亡くなった人と比べると、格段に多いです。

僕は、日本政府や日本医師会の動きは現在のままで良いと思います。
「感染無症状・軽症者・疑いのあるものは自宅待機」です。
日本ではコロナウィルスの検査数が少ないとマスコミの馬鹿が騒いでいますが、「馬鹿は黙れ!」といいたいところです。

3月22日12:00現在の状況。
検査を真面目にやっている韓国では、感染者が8,897人、死者数が104人らしいです。
検査を重篤者に絞って対応している日本では、感染者が1,046人、死者数が36人でした。
これはやはり日本のやり方のほうが正しかったように思われますが、日本にはみんなで手をつなぎ会う、へんてこな宗教もなかったことも幸いしていると思います。

ただ韓国のすばらしいところは、マスクが国民ひとりひとりに行き届いているというところです。 日本はこういうところは、韓国に見習うべきだと思います。

ということで、まとめです。
 ・重篤な高齢者を無理して蘇生する必要はない。
 ・若い人たちをもっと助ける仕組みを作りたい。
 ・日本の検査のやり方は、正しい。
以上です。


今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう。予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 20:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

日本のコロナウィルス騒動馬鹿馬鹿しい

2018年にがんで亡くなった人は37万3584人といいます。
ひと月で、3万1132人が亡くなった計算です。
今回の新型コロナウィルスでの死者数は、今のところ35人です。
(ひと月経ちましたかね?)
にほんブログ村 病気ブログへ  ←美人と美男子とそうでもない人はクリック。





今回の新型コロナウィルスは、
がんに比べれば、今のところ、屁でもないくらい死者数が少ないです。
かといって、感染するのが怖いので、現在の日本では大騒ぎになっています。

その昔日本でも、スペイン風邪で45万人亡くなったといいます。
それを考えれば、「感染症」は怖いです。
でも、そんな恐ろしいスペイン風邪がなぜ治まったのかといいますと、
「日本人全員が感染」してしまって、免疫力のないものは亡くなり、「免疫を持った」ものだけが生き残ったからだと言われています。
さすがのスペイン風邪も、「免疫抗体」を持った人間には、感染しなくなったのです。

それから考えますと、がんで亡くなる人より極めて死亡者数は少ない、「免疫抗体」を持てば、たいしたことがない今回のコロナウィルスは、大騒ぎのしすぎだと思います。

本当に今薦めなければならないのは、国民ひとりひとりへの「体調管理」の薦めです。
体温計や、血中酸素濃度などは、
医者が診なくても「やばいかやばくないか」わかるはずです。
医者にいかなくても自分自身でわかるのです、コロナウィルスなど怖くもないのです。

コロナウィルスを怖がっているやつほど、人の集まるところに行って大騒ぎをしたり、密閉空間に行ったり、海外渡航や握手、キス、抱擁をしたがるものです。
自己管理をしないで大騒ぎをしているものは、人間のクズです。
なきちゃんの体調管理表

僕なんかね、今日は花見をして来ました。
もちろんセキなどをしていませんからね、マスクもしていません。
なぜなら、体調も万全で快調だったからです。
KIMG1610.JPG

ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 20:50| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

らくなりイチゴも奇跡の復活

にほんブログ村 病気ブログへ  ←美人と美男子とそうでもない人はクリック。





去年の11月に
モスラの幼虫の食害にあった
らくなりイチゴのその後のお話です。
51qm8r2DtxL.jpg


2019年11月7日
らくなりイチゴがぐったりしていました。
201911070621.jpg


そこで、土を掘り返したところ
モスラの幼虫が出てきました。右側のがモスラの幼虫です。
201911090754.jpg


というこで、モスラの幼虫をひねりつぶし
一応、白い根があったので、また植えなおしました。
201911090755.jpg


植えなおした直後の写真がこちらです。
正直言って、クラウンしかありません。
クラウンってなにかは、「イチゴ クラウン」で調べてください。
201911090756.jpg


そして苦節4ヶ月
食害にあった、らくなりイチゴはまた、復活しました。
(一同ここで、「おぉぉ!」)
202003201409.JPG

さらには、脇芽から増やした株は
もう花盛り!!
202003211036.jpg


僕のらくなりイチゴからは昨年、ランナーが出ませんでした、
ですから、脇芽から増やしたのです。
ガーデニングの楽しさはこういうところにあります。


育てる楽しさです。
こちらは、ペットボトルで栽培しているものです。
葉がじゃまをしていたので、じゃまな葉は切りました。
202003211035.jpg


自分でいろんな工夫が出来る、ガーデニング。
あなたも気晴らしに、一度はやってはどうでしょうか?。


ということで
今日はここまで
それではみなさん
ごきげんよう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 20:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする