2019年12月03日

NLRを4日間で改善できた理由(20.7から6.3へ)

にほんブログ村 病気ブログへ いつもありがと ここだけでいいのよ


 まだブログは休んでおこうと思いましたが、
コメント欄に、NLRを4日間で改善できた理由を聞いてきた人がいるので、
一応誤解のないように、血液検査表を用いてご説明します。



こちらが、2012年10月18日の血液検査結果です。
13番 Neutは、好中球 91.0%でした。
14番 Lyはは、リンパ 4.4%球です。
好中球/リンパ球の比(NLR)は、20.7(91÷4.4=20.68≒20.7)となります。
img_0_m.jpg



こちらが、2012年10月22日のの血液検査結果です。
13番 Neutは、好中球 77.0%でした。
14番 Lyはは、リンパ球 12.2%です。
好中球/リンパ球の比(NLR)は、6.3(77÷12.2=6.31≒6.3)となります。
img_1_m.jpg


まず、血液検査結果から読み取れることは、
1)白血球の総量が増えています。 86 から 97へ(単位:10^2/μl)
2)好中球 の % が減っています。 91 から 77へ
3)リンパ の % が増えています。 4.4 から 12.2へ


あきらかに好中球が減って、リンパ球が増えています。
では、なぜに明らかに好中球が減って、リンパ球が増えたのでしょう。
好転の変化が読み取れるのは、ALB(アルブミン)です。
A(アルブミン)/G(グロブリン)比を見てください。計算式は、A/Gです。
G(グロブリン)は、TP - ALB で算出します。


2012年10月18日A/G比 = 2.2÷(5.4-2.2)= 0.6875
2012年10月22日A/G比 = 3.0÷(5.5-3.0)= 1.2 
A/G比が良くなったのは、栄養状態が良くなったからです。
A/G比は、1を切ると危険域となります。


なぜによくなったかというと、僕ががんではないということ。
それと内臓(心臓・腎臓・すい臓・肝臓)が機能し始めたということ。
僕が思うに、かすかに心臓が持ちこたえて機能し始めて、血流が改善されたから。
ですから、わずかながらですが、栄養状態が好転したからです。


特に心臓の復活が大きいと思っています。



人それぞれに、耐用力は異なると思います。様々です。
僕には、耐用力があった、そして病院の医師・看護士の方々の懸命な手当てで、僕は復活したのです。それで、NLRを4日間で改善できたのです。
(僕はこの頃、昏睡中です、気がついたときは記憶を失っていました。)



がんの方の免疫療法の話はよく耳にします。
免疫療法については、医者と相談して、自分に向くか向かないか相談しながら、標準治療も施しながらやるのがよいでしょう。ヘタをすると、医者だって、その人に向くか向かないかわからないままやっている医者もかなりいると思います。(だって、免疫療法が効かなくて亡くなる人もいるでしょ、それですよ、それっ!)


尚、リンク先の「体温をあげて免疫力アップ」は僕もやっていますので、取り上げただけです。低体温の方向けの方法は?、との質問もありましたが、リンク先に書いてあるとおりではないでしょうか?。
(以上、Yahooブログからの転載でした)


ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう

予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る
posted by なき at 20:20| Comment(0) | 血液検査結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

拡張型心筋症 ピモベンダン(アカルディ)の効果的処方

にほんブログ村 病気ブログへ いつもありがと ここだけでいいのよ


重症心不全に対する ピモベンダン(アカルディ)の効果は、段々とその情報がネットに明らかにされてきた。但し、生命予後に関しての、楽観的な記事がないために、現在、生存する患者自らがその効果と、その禁忌であろう症状について報告する。

この記事は、 ピモベンダン(アカルディ)を処方されている、生存する患者が自ら運営している世界的にも、貴重な記事である。しかも、2018年7月時点の記事であり、最新の記事であることが、多くの人たちの共感を得ている。具体的には、
拡張型心筋症 BNP推移と薬の変遷 で確認出来ることであろう。

アーチスト飲み始めたらBNPが、だんだん増えた。(いや~ん) 
アカルディ飲み始めたらBNPが、大幅に低下した。(やったどー!!) 
アカルディは、5年間以上飲んでいた。(ゴクゴク!!) 

クリップボード01.jpg


多くの記事は、ピモベンダン(アカルディ)に対し、否定的な記事が多い。
心機能を改善して、運動機能やQOL(生活の質を向上させるが、長期的な効果については不明とされている。ひどい記事になると、予後については否定的である。早期に漸減、中止すべきという記事もある。

いろいろとわからない記事が多い中で、ピモベンダン(アカルディ)の効果的処方と、禁忌について考察してみた。尚、この項以降、便宜的に、β遮断薬と書いてあるものは、カルベジロール(アーチスト)と置き換えて読んでもいいことにする。(実質は、カルベジロール(アーチスト)は α・β遮断薬である。)


ピモベンダン(アカルディ)の効果的処方

・β遮断薬+利尿薬にて、心不全の改善効果のないものに処方すること。
・過去の病歴を充分に考慮し、危険な不整脈のないものに適応すること。
・ジキリタス製剤、利尿薬、β遮断薬と併用して使用すること。
・低用量(1回1.25mg)から投与を開始すること。
急性期を乗り切って、比較的安定しているのなら処方は中止とすること。


比較的安定している状況というものは、問診 触診 バイタルサイン BNP EF を鑑み、その状況を確認することが出来る。この記事は医者、看護師のみならず、素人の家族・ご本人でも確認できるように書いている。尚、BNP EF を知らずしてこの記事を読むことは出来ない。知らないものは BNP EF(左室区出率)を医者または、向上心のあるものはネットから学ぶようにお願いしたい。


処方中止基準 (この基準は医者のみに適用される)
以前と比べて息苦しさ、胸の痛みはないこと
話をしていて、息を切らしながら話をしてはいない 息は乱れていないこと
表情をよく観察し、以前より明るく話が出来ているか 生き生きしていること
脈・血圧にも、その年代に応じた平均値を大きく逸脱していないこと
普通に生活が出来ていること 普通に通院が出来ていること
BNPは、50以下であること
EFは、 40以上か 出来るならば、50以上が望ましい
万が一、心不全が悪化している場合、処方を中断すること。


以上の項目をクリア出来たものは、ピモベンダン(アカルディ)を中止してよいと考える。β遮断薬を漸増してみて悪化傾向が現れない場合は、ほぼ完璧にピモベンダン(アカルディ)を中止してよい。尚、処方中止の判断は医者のみが行える行為であり、家族・本人は勝手に処方を中断してはいけない。但し、以上のように症状が改善したものは、どんどん医者に報告をすること。

患者の症状が大きく改善したと明らかになれば、どんな医者でもピモベンダン(アカルディ)を中止するに違いないと、絶対的自信を持って報告をする。


ピモベンダン(アカルディ)に関する禁忌の病気の報告が、今後あることを願う。
現在、確認できているものは、以下のとおりであるが、その真偽のほどは確認できていない。但し、医療情報なので、充分に考慮しておく必要がある。

・ 肥大型閉塞性心筋症、閉塞性弁疾患の患者
・ 急性心筋梗塞の患者 (不整脈があらわれることがある。)
・ 重篤な不整脈のある患者及び高度の房室ブロックのある患者
  (不整脈を助長することがある。)
・ 重篤な脳血管障害のある患者
・ 重篤な肝・腎障害のある患者
(以上、Yahooブログからの転載でした)


ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう

予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る
posted by なき at 19:13| Comment(0) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

Yahooブログの記事はいいんですけどねぇ

にほんブログ村 病気ブログへ えーーーー!すげぇポイントだぁ!!


Yahooブログの記事はいいんですけどねぇ
どうも時代の流れについていってない。


その昔は、僕のブログだけでしたよ、ピモベンダン(アカルディ)の効果を謳っていましたのは。 でもね、その後は、「え! やっぱりピモベンダン(アカルディ)って心不全には効くんだぁ」ということでね、雨後のタケノコのように、(特に病院関係が)その効果を謳いはじましたよ。


でもね、Googleのテキスト検索ではまったくヒットしませんけど、画像検索では、僕のデータばかりです。 じゃあ、ちょっと試してください、Googleでね、「拡張型心筋症 ピモベンダン アカルディ」 てね。 ね、確認された方は、わかりましたよね。


もちろん、「拡張型心筋症 BNP推移」でも同じです。 画像検索では、僕の画像が上のほうで検索されます。


でもねぇ、これは有意義なことですよ。
BNPが2000超えてたとか、ピモベンダンで大幅にBNPが下がったとか文字で書いたりするのは、とても簡単ですよ、文字は書きさえすれば良いのですからね。 しかもたかが、2~3年のデータです。テキスト検索では、その程度のものしか検索されない。


でもね、そういうふうに拡張型心筋症で、BNPが大幅に下がったとか書いてあってもですね、僕のような5年を超えてピモベンダン(アカルディ)を飲んでいた人の記録は、皆無です。 そして、その後心機能が低いくせに動き回りすぎて心室頻拍を発生させて、『不整脈の非薬物治療ガイドライン - 日本循環器学会』に書いてある、LVEF ≦ 35% は、ヤバイって記事が正しいことを立証させたのも僕です。(自慢にはなりませんですけどね)


今、生きている人間が、拡張型心筋症の現在の状況を報告する。
これは今、重症心不全や拡張型心筋症の人たちにとって大きな支えになると思います。


だってねぇ
僕も苦しいときはあまりネットなんか見れませんでした。
だから、単純でわかりやすいサイトが欲しかった。
そういう理由で、今日も書き続けています。
そう! 自分のために。



予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る
posted by なき at 20:29| Comment(0) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする