2020年06月05日

拡張型心筋症との闘い 2020年6月5日通院記録

いつも応援をありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログへ  愛ある限り戦います。命燃え尽きるまで。

まずは、血液検査結果だ。
まぁだいたい、死にそうに悪いところはまったくない。
BNPは、53.9であった。
過去からのBNP推移は、トップページにリンクが貼ってあるので確認してもらいたい。


したがって今のところ、気にしなくてはいけないのは、
コレステロール値と腎機能 eGFRと、BNPくらいなものか。
コレステロールに関係するものは、


31 TG(中性脂肪)
32 T-cho(総コレステロール)
33 HDL-C(HDLコレステロール)
34 LDL-C(LDLコレステロール)
35 non-HDL-C(非HDLコレステロール)である。




000.jpg
001.jpg


コレステロールの話をしたが、コレステロールをコントロールしなければ、高脂血症家系のわたしは、とんでもないことになる。糖尿病と高脂血症は怖いのだ。 


糖尿病は、血糖値が高いままの生活を続けていると、血管がもろくボロボロになってしまう、いわゆる血管病になるわけだ。 そこに、LDLコレステロールが溜まると血管に壁のようなものが出来てしまう。 となれば、血管が詰まり動脈硬化などを起こす。 または、血管がすでにボロいので血管が切れて大動脈破裂やくも膜下出血などが起きる。

冠動脈で動脈硬化を起こしたら、すぐに「う!」と来て、意識を失ってぴーぽーぴーぽーとなる。 また脳の血管で動脈硬化を起こしたら、すぐに「う!」と来て、意識を失ってぴーぽーぴーぽーとなる。 運が良ければ助かるが、周りに人がいなければ助かる率(救命率)は、まったくのゼロである。


気になるので、何ヶ月か前の記録と照合してみた。
やはり、コレステロールの値は悪化している。
(Googleスプレッドシートは、データが左右に動くのでそれで確認してください。)




実は、最近、おなかが出てきたのである。おなかだけが出てきたのである。
これは、妊娠である。
違う! 高脂血症である。 高脂血症は、肥満時におなかが出る。


また、腎機能の eGFRは、低位横ばいである。
腎機能は良くならないと言われているので、これをキープが望ましい。



ということで眠くなった。
今日はここまで、それではみなさん、ごきげんよう。
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れたかたは、おもしろかったら押してね
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 22:00| Comment(0) | 血液検査結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

6月5日通院日、心電図結果。

いつも応援をありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログへ  愛ある限り戦います。命燃え尽きるまで。



2018年8月の心室性頻拍のあとのカテーテルアブレーションで回復に向かい、術後では、期外収縮さえもなくなっていたが、2019年2月からまた、心室性期外収縮が再発していたが、2020年今年の4月の検査では、また既に期外収縮が消えていた。





ちょっと整理します。(公)は公立病院、(国)は国立病院
公立病院では、ICDやCRT-Dを入れられないので、一時、国立病院にまわされています。 尚、今のところ、ICDやCRT-Dは入れてなく、アミオダロンと穏やかに暮らすことで、心室性頻拍の発生を抑えています。


2018年 07月まで、不整脈の経験なし
2018年 08月06日 心室性頻拍発生。
2018年 08月06日 入院で、心室性頻拍は消えたが心室性期外収縮が発生(公)
2018年 08月24日 心室性期外収縮あり(国)
2018年 09月03日 カテーテルアブレーションを実施(国)
2018年 09月04日 心室性期外収縮なし(国)
2018年 10月02日 心室性期外収縮なし(国)
2018年 10月23日 心室性期外収縮なし(国)
2018年 11月27日 心室性期外収縮なし(国)
2019年 01月08日 心室性期外収縮なし(国)
2019年 02月12日 心室性期外収縮あり(国)
2019年 03月12日 心室性期外収縮あり(国)
国立の先生が移動になるので、めんどくさいのでまた前の公立病院に戻してもらう。
2019年 04月05日 心室性期外収縮あり(公)
2019年 05月10日 心室性期外収縮あり(公)
2019年 10月04日 心室性期外収縮あり(公)
2019年 01月31日 心室性期外収縮あり(公)
2019年 04月03日 心室性期外収縮なし(公)
2019年 06月05日 心室性期外収縮なし(公)


こちらが、今回の心電図です。

002.jpg


結論から言えば、心室性期外収縮はなにかの要因で発生をし、なにかの要因で消える。
また、心室性頻拍は、そのままにしておくと必ず、突然死をしてしまう


ということは、今後も穏やかにくらし怒り狂ったり、暴れたり、激しく運動をしなければ、突然死は防げると思う。

現在、息も苦しくはない。

ただ、筋力が落ちているのか? 一日に1万歩あるければいいほうだ、歩きすぎると足にくる。(足の疲労感が抜けにくくなっている。)


ということで、今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 16:08| Comment(0) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

心室頻拍のなかでもやばいやつは

いつも応援をありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログへ  愛ある限り戦います。命燃え尽きるまで。





えーと
自分が心室頻拍を起こしたときの心電図を見ていました。
2018年8月6日 12時36分 ということですから、これは飛び込みで順番すっとばしで、優先的に心電図を測ってもらったときの心電図です。

クリップボード02.jpg

それで、心室頻拍のなかでも、規則正しい心室頻拍と、小刻みに震えている心室頻拍があることに気がつきました。
30秒以内で、心室頻拍が治まるのは、非持続性心室頻拍というそうです。
私の場合は、心室頻拍がずっと消えないので、持続性心室頻拍となります。
突然死を起こす可能性が高いのは「持続性心室頻拍」です。


ごめんなさい
もう寝る時間です。
無理をしない男です。
それではみなさん
ごきげんよう。
続きはそのうち。

予後を良くするには ストレスを回避して楽しくて快適な生活を確保することですわ。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いしますわん
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要ですの。
TOPページに戻る





posted by なき at 22:35| Comment(2) | 不整脈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする