2020年07月22日

ピモベンダンについて調べています。

にほんブログ村 病気ブログへ  脈ある限り戦います。心臓止まるまで。




なきちゃんの体調管理表

僕は、カルベジロール+利尿剤でも心不全が進行していました。

そこに、ピモベンダンを処方されたら、おもしろいようにおしっこが出て

体の水分(たぶん特に肺)が抜け

息苦しさから解放され歩けるようになりました。



今、それが体の中でどのように作用したのかを調べています。

一般の人にもわかりやすくです。



細胞質のカルシウム濃度が上昇すると、筋収縮が起きるといいます。

ピモベンダンは、細胞質にカルシウムを取り込まなくても

カルシウム増感作用で、筋収縮が起きるのはないかと思います。



カルシウム増感作用というものはいったいなんなんでしょうね

img_23_m.jpg
(津久見です)


とにかく今日は時間がないので

それではみなさんごきげんよう。
予後をよくするには ストレスを回避し楽しく快適な生活を確保することです。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いします
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 一番下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要です。
TOPページに戻る






PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by なき at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする