2020年07月24日

心筋のしくみ

にほんブログ村 病気ブログへ  脈ある限り戦います。心臓止まるまで。





なきちゃんの体調管理表


心筋
心筋 (cardiac muscle) は心臓を構成する筋肉である。心筋の特徴として、動作に必要な神経繊維が通常の神経繊維ではなく、特殊心筋と呼ばれる筋群によって興奮が伝達される。従って、肉眼的には神経繊維は存在しない。



まず、これをサルコメア(筋節)という。
筋原繊維の最小構成単位であり、これが縦につながったものが筋原繊維である。個々のサルコメアは、ATPの存在下で収縮が起こる。
クリップボード01.jpg


アクチン(Actin)
アクチンは外側にあるやつだ。 アクチンは活性化タンパク質(ミオシンを活性化させるタンパク質)である。
(緑-緑には見えないが)


ミヨシン(Myosin)
ミヨシン内側にあるやつのことだ。 丸い物々はミヨシンヘッド(頭部)である。
ミオシンは駆動タンパク質(モータータンパク質)である。
(青)


チチン(Titin)
チチンは、両サイドにあり伸び縮みをしている。弾性タンパク質である。
(赤)

動かすとこうなる。
titin.gif



次にどうして動くのかと言うと


あまりにも難しくて今日は書けない。
イオン・電位差あたりから勉強しなければならない


ということで今日はここまで
それではみなさんごきげんよう。
予後をよくするには ストレスを回避し楽しく快適な生活を確保することです。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いします
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 一番下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要です。
TOPページに戻る






PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by なき at 21:30| Comment(0) | 心臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする