2020年07月28日

どうして上り階段はきつく下り階段はきつくないのか?。

にほんブログ村 病気ブログへ  脈ある限り戦います。心臓止まるまで。





なきちゃんの体調管理表


さて、昨日の話の続きとなりますが、私はどうして、上り階段がきつく下り階段がきつくないのかということを、いろいろと調べておりましたところ、 美と若さの新常識~カラダのヒミツ の記事を見ていて、ピンと来たのです!。

この美しい女性の方々の下に表示されている値は、実は心拍数です。
彼女たちは、階段を上るチームと、下るチームに分かれ、その心拍数の変化を見ていたのです。
(使用した階段 600段 x 3回 = 1800段、スゲー!!)
クリップボード02.jpg
上りチーム Aさん 79→183, Bさん 104→175, Cさん 92→171
下りチーム Dさん 97→118, Eさん 79→109, Fさん 74→86


以上の上りチームと下りチームの平均の心拍数の変化を見ますと以下のとおりとなります。
上りチーム 92→176
下りチーム 83→104


では、各チームの安静脈はそれぞれ、運動前の値(上り:92  下り:83)とします。
年齢は不明ですが、パッと見て28歳とします。
運動強度については、カルボーネン法の運動強度(%)=(運動時心拍数-安静時心拍数)÷(最大心拍数-安静時心拍数)×100で求めてみます。運動強度の50%〜70%で有酸素運動、70%以上で、無酸素運動とされています。 では各チームの運動強度を見て見ましょう。



上りチーム結果
クリップボード11.jpg
上りチームの上った後の実際の心拍数は、176でした。計算結果の目標心拍数は172です。ですから、実際の心拍数で考えれば
これは運動強度80%以上の無酸素運動です。



下りチーム結果
クリップボード12.jpg
下りチームの下った後の実際の心拍数は、104でした。計算結果の目標心拍数は126.6です。ですから、実際の心拍数で考えれば
これは運動強度40%以下の楽ちん運動です。




参考 健康づくりのための望ましい目標心拍数




以上のことから、階段の上りは心臓にたくさんの負荷をかけることがわかりました。ですからは私は階段の上りは使わず下り専門で生きているのです。やっぱり俺って、スゲー!!。


おわり


ということで今日はここまで
それではみなさんごきげんよう。
予後をよくするには ストレスを回避し楽しく快適な生活を確保することです。
上でクリックをし忘れた方は、どれかひとつお願いします
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 一番下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要です。
TOPページに戻る






PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by なき at 21:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする