2021年04月16日

突然死には気をつけましょう。(おまえが言うな!)

にほんブログ村 病気ブログへ ←押してくれたりすると画面の向こう側でガッツポーズをしてます。僕が若い頃に勤めていた会社でね、1年先輩の方がいました。


それでね
部署は違うから詳しくは状況を見ていなかったけどね。


「頭が痛い、頭が痛い」と言っていた先輩がいてね


みんなが
「会社はもういいから早く病院に行って!」
といって、早退させました。
「すごく痛い片頭痛なんだなぁ 早く治るといいなぁ」
とみんなが思いながら。。。


みなさんも、目の玉をえぐられるような片頭痛くらい経験があるでしょう。


でもね、先輩は片頭痛や風邪などではありませんでした。
翌朝、先輩が会社に来ないし電話にも出ないから総務の方が自宅のアパートに行きました。
それでね、そこではもう、息絶えていました。
(古い記憶なのですが、布団の中で亡くなっていたと言われた気がします。)


先輩は21歳、僕が20歳ころの話です。
ああ病名を言い忘れていましたね。


くも膜下出血でした。


先輩が亡くなったのはとてもショックでした。
若い社員というと僕と他の人数人くらいしかいない会社でしたのでね
とても衝撃を覚えました。
葬儀は、まるで社葬のような雰囲気があったような思いがありました。


九州からは、その先輩のお父さんお母さんが来て
東京で葬式をあげました。
あまりにも悲しいあちこちから嗚咽の聞こえる、悲壮な葬式でした。



この間クイズを見ていましたら、くも膜下出血はですね、片頭痛の100倍、痛いと言っていました。



うげぇ
あの目の玉をえぐられるような片頭痛の100倍も痛いって、いったいどれぐらいの痛みだったのでしょう。



それでね、病院に行ったはずの先輩が自宅で亡くなったということを、今、致死的不整脈を起こしたことのある僕が考えると、

1)病院に行こうと思ったが、少し状態がよくなったので一旦家に帰り、横になっている最中に急変した。
2)医者が大事を見逃して診察したけど薬を渡しただけで帰らせた。

が考えられます。
時代は、1978年(昭和53年)頃の話です。
時代が時代なので、考えたくはないですが医者が大事を見逃しかもしれません。



それで、今日の結論ですが頭痛は怖い・心臓痛は怖いです。
頭痛や心臓痛は、そこを直撃されるとイチコロな病気なので、みなさんも十分に気をつけましよう。
と、既に拡張型心筋症になった僕からでは、あまり効果はありません。
もちろん、既に手遅れとなった方もこのブログをお読みでしょう。
ではみなさん、僕と一緒に今後は重症化させないよううまく病気と付き合っていましょう。



ということで
今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後をよくするには ストレスを回避し楽しく快適な生活を確保することです。

ポチ忘れた方は、どれかひとつでもポチがあるとうれしいです
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 一番下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要です。
TOPページに戻る






PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by なき at 18:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする