2020年09月22日

神の薬、ピモベンダン(商品名アカルディ)の有用性について。

にほんブログ村 病気ブログへ  脈ある限り戦います。心臓止まるまで。(ポチして🙏お願い)




なきちゃんの体調管理表

(注:この記事は、Yahooブログ時代の2014年に書いた記事です、グラフは最近のものです。)


さて、 僕のブログは 書き始めた当初は 会社にも行けなくて
ほとんど 自宅で 寝たきりで、「もう将来はないね」 って感じで
気晴らしのためにはじめたのでした。(1年1ヶ月間、休職しました。)

それが ピモベンダン(商品名アカルディ)に出会ってから メキメキとBNPが低下してきて 「これはもしかしたら いける!」って直感したんです。(2013年、アカルディ投与開始)
BNP推移 最新版.jpg


それはね 
重症心不全の人への有効な情報ブログへと進化出来ると確信したわけです。


こんな広い世の中ですからね しかも僕は東京で暮らしているんですよ。
病院だってね 地方の病院と比較しても、ちょっとはいい設備や人材が集まるはずです。
(東京は人口が多いですからね 人材は地方に比べるとあきらかに豊富です)


そんな いい環境にいる僕でさえも 
ピモベンダン(商品名アカルディ)」に出会うのに8ヶ月もかかって 
重症心不全で苦しんでいたのです。


重症心不全には、α・β遮断薬(アーチスト)や利尿薬(ラシックス・サムスカ)なんて効きません。全然、効きません。ちっとも効きません。効きませんどころか、心不全が悪化しました。


僕のいいたいことがわかりますか?
東京のような 人材の集まる大都市でも ピモベンダン(商品名アカルディ)」に
ついて 詳しい情報を持った医師はあまりいないってことですよ。
東京でも このありさまですからね さらに地方だと更に情報がないと思ったわけですよ。


もしかしたら 早い時期にピモベンダン(商品名アカルディ)」に出会えていれば、ICDやCRT-Dを入れなくても済んでいた人や 人工心臓や心臓移植登録までしなくても済んでいた人がいるんじゃないかと思ったわけです。
(注1 たぶん、2010年以前はかなりいたはずです)


緊急入院をした患者が、EF が極端に低い、呼吸苦に苦しんでいる、不整脈を起こしているとなれば(例えばEF が20%以下であるならば)場合によっては、他のスクリーニング検査をせずにすぐに ICD or CRT-Dを植え込むことがあるというのが医療界の現実です。
(僕は EFが16%でしたよ 非常にハイリスク群であったわけです、ですがそのときには不整脈はない、また僕の緊急入院をした病院は、ICD or CRT-Dの埋め込み手術が出来ない病院だったのです。)


従って、地方の医師や患者はピモベンダン(商品名アカルディ)」の有効性・利便性を知らないんじゃないかとおもったわけです。知らないからこそ大切な命が 周りの医療関係者や家族の方が努力したのに実を結んでいなかったんじゃないかと思ったわけです。


だったら 僕が生きているうちに このピモベンダン(商品名アカルディ)」の有用性を報告したら おもしろいことになるんじゃないかなと思ったわけです。


別に僕は薬メーカーからお金をもらって この情報を書いているわけではありません。しかしながら僕が 寝たきりから離脱して また社会復帰出来たことは誰にも否定することのできない、重要な事実なんです。


知らないよりは知っていたほうがいい。
α・β遮断薬(アーチスト)や利尿薬(ラシックス・サムスカ)が効かなかった人には、ピモベンダン(商品名アカルディ)です
最近は なんだか僕の影響で やたらピモベンダン(商品名アカルディ)の情報が、にぎやかになってきました。
1年前(2013年)には考えられない事実です。


ご注意!:不整脈を基礎疾患としてお持ちの方には、ピモベンダン(商品名アカルディ)」は奨められない薬だと僕は思っています。←ここまで堂々とはっきり言っているのは世界広しといえど、このブログだけです。おかげさまで、僕には不整脈はありません。ですから、今日もこのように元気なのです。(ごめんなさい、2018年には、致死的不整脈である、持続性心室頻拍を発症させました。EF低いのに動きまわるとこのようなことになります。( ;∀;))


注1 ピモベンダンは、2008年認可された薬です。それ以前で亡くなった方のなかには、ピモベンダンがあればなぁという気持ちでいっぱいです。)


ということで
今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後をよくするには ストレスを回避し楽しく快適な生活を確保することですわ。

ポチ忘れた方は、どれかひとつでもポチがあるとうれしいです
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 一番下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要です。
TOPページに戻る






PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by なき at 09:10| Comment(0) | 拡張型心筋症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください