2020年11月24日

僕自身、CRPの話は非常に大切なことだと思っています。

にほんブログ村 病気ブログへ  知っている人と知らない人とでは、その後の人生において大きな違いが出てくる。




なきちゃんの体調管理表
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

記事を読む人は、びっくりするほど落ちてしまいました。

でも僕は、「CRP」の話は大事だと思っています。

がんではない人でも、CRP(C反応性蛋白)は聞いたことがあると思います。

なければ、具合が悪くて病院にいったときに

医師に

「CRPも測ってもらえませんか?」

と必ず、お願いすべきです。



「CRPはやっていません」と言われたら

「やってる病院を紹介してください」と食い下がってください。

医師も人間です、見落としはあるのだろうと思います。


医者を信じて失敗をしたケースもあります。


「あのとき信じなければ」




CRPの有用性は、もちろんガンだけではなく、

循環器疾患でも有用です。

こちらは、ガンについての「CRPの有用性」記事です。

東京医科歯科大学の記事です。

マーカーとしてのCRPの臨床応用



自分の生死にかかわりそうなことは、妥協しないほうがいいなという記事でした。

一般人でも自分のひどさがわかるという

CRPについての話でした。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ということで
今日はここまで
それではみなさん ごきげんよう
予後をよくするには ストレスを回避し楽しく快適な生活を確保することですわ。

ポチ忘れた方は、どれかひとつでもポチがあるとうれしいです
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 一番下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要です。
TOPページに戻る






PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by なき at 20:17| Comment(0) | 悪質液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください