2021年05月10日

さて。

にほんブログ村 病気ブログへ ←押してくれたりすると画面の向こう側でガッツポーズをしてます。さて。 いきなりのさてです。


どうしてさてなのかといいますと、なにもいいたいことなどはまったくないのですが、このまま記事を更新せずにいたら、大きくブログ村のポイントを落としてしまい、すっげー下のほうになるんじゃないかという、強迫観念から書いています。これはいわゆるにほんブログ村の作戦であり、記事を書かないとランキングが維持できない、したがってなにもないのだけれども、記事を書かなくてはいけないという心理を突いた作戦です。


というわけで、昨今の社会情報について語ります。


実は私もみなさんと同様に、東京オリンピックは反対でした。しかもコロナ渦だから今、オリンピックをやってはいけない反対だという昨今のミーハーのように薄っぺらい理由からではなく、私が、パラリンピックに出たいのだけれども参加できる競技がないからオリンピックは反対だという、まぁなんといいますか、オリンピックはみんなの祭典であるにも関わらず、私のような心臓病では参加できないという根本的な理由から反対でした。(まぁ 薄っぺらさでは似たようなものか?)


思い起こせば、ほらあの「お・も・て・な・し」の言葉ひとつで、オリンピックの組織委員会の男どもを魅了したホラン千秋、いや、トリンドル玲奈、いや滝沢カレンかもしれない、あぁぁ名前が思い出せない。とにかくその頃から既に私は、オリンピック反対でした。


またコロナ渦でインド型の変異種が広がっていて、お年寄りを恐怖に陥れているようですが、私は土日は自宅でガーデニング、平日は会社と家のいったりきたりで、特にどこかに行くということもないので、コロナ渦など平気などです。 総合理論的に言えば、コロナウィルス感染症は人と出会って会話をしたり飲み食いをしたり歌を歌ったりフォークダンスをする人のほうが罹りやすいのです。 家に籠るという政治姿勢(?)が功を奏しているのだと思います。


あと、今年もいちごがたくさん収穫出来ました。
202105050536.JPG 202105091749.JPG 202105061705.JPG 202104231623.JPG 202104301640.JPG 202105040830.JPG 202105021642.JPG s202105061722.jpg 202105081723.JPG

また、中型トマト、ミニトマトの生育は順調です。
202105101758.JPG 202105101759.JPG

ビオラの種取りも順調です。
202105090950.JPG 202105091001.JPG


結論からいえば、「動けるあいだは人生を楽しみましょう」ということです。 これは一度寝たきりを体験したことのある私からの提言でした。「生きてるあいだ」ではないことはいずれあなた様にもわかることでしょう。


ということで
今日はここまで
それではみなさん ご機嫌よう
予後をよくするには ストレスを回避し楽しく快適な生活を確保することです。

ポチ忘れた方は、どれかひとつでもポチがあるとうれしいです
      
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ

↓↓↓↓↓ 一番下のコメント欄には、URL・メールアドレスは不要です。
TOPページに戻る






PVアクセスランキング にほんブログ村
posted by なき at 20:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ゆりのようにフラフラと夜の街を出歩いていたら、コロナに罹って死んでも文句は言えないですね・・・。
ただ、もう「薄っぺら」過ぎる「緊急事態宣言」には辟易しています=3
日本も完全にロックダウンすべきではないでしょうか?
オリンピックには「外国人の観客は入れない」とか「自国民の命と健康を守る」とかスガシカオじゃなくて菅総理は言っていましたが、あの腹話術の人形を裏で操っているのはいいちこじゃなくて二階堂です(←違うw)
ゆりはオリンピック反対派です。
ろくに聖火リレーもできないのに、どうして競技ができましょうか?
Posted by ゆり at 2021年05月10日 23:15
>ゆりさん

夜の街を歩くくらいならマスクをしていれば安全でしょう。リスクの高いのは、ワイワイガヤガヤ人が集まって行う行為です。
去年からの日本の対策はなまちょろいですよねぇ。ほんとそう思っていました。
いざとなれば、日本人ばかりで開催して、金・銀・銅を独占するという手もあります。
Posted by なき at 2021年05月11日 04:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください